現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 狭い道でもストレスなし!車幅1,850mm以下の輸入車たち ~セダン編

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.5

狭い道でもストレスなし!車幅1,850mm以下の輸入車たち ~セダン編

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の車は安全性を考慮したり居住性を高めたりした結果、ボディサイズがどんどん大きくなっています。特に顕著なのが横幅。ボディの幅が大きくなりすぎると、路地裏の道路や設計の古い駐車場でストレスを感じます。そこで今回は、最近発売された輸入車のなかから、全幅1,850mm以下のセダンをセレクトしてみました。※車幅は日本国内のメーカー公表値をベースにしています。文・西山昭智

日本で車幅1,850mmを超えると、結構使いづらい…

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ボディサイズが大きくなって、安全性や居住性、運動性能が向上するのは歓迎すべきことですが、それに合わせて道路や駐車場のスペースが拡大するわけではありません。
車幅の大きなクルマに乗っている人なら、少なからず経験しているのが、機械式駐車場のパレットに乗らないという問題。さらに、平置きの駐車場であっても、場所によっては隣のクルマとの距離が近くなってしまい、ドアが開けづらい、またはドアを開けられない問題もあります。もちろん、狭い道路ではすれ違いでも気を使わなければなりません。
ある自治体が公開している情報によれば、クルマを縦に停める場合の公共駐車場の標準サイズは、幅2.5m×長さ5.0mですから、全幅が1,800mmを超えるクルマでドアの厚みを約200mmとした場合、残りは300mm。片側150mmで、乗り降りができません。
まあ、実際には隣の車両側にもスペースがあるので、なんとかなることがほとんどですが、1.8mを超えるクルマが隣同士で並ぶと、残されたスペースはミニマムで、ドアを開けるのもやっと。そんな状況では、自分は気をつけても隣のクルマからドアパンチをいただいてしまうリスクも高まります。
また、機械式駐車場に話を戻せば、その多くが収容可能サイズを全幅1,850mm以下としており、ガイド的な役割もはたしているパレットの外枠にタイヤやホイールをこすってしまう可能性がありますから、パレットへの乗降は慎重にならざるを得ません。
そんなストレスをなるべくなら減らしたい。そんな方に、全幅1,800mm以下と1,850mm以下の輸入車を紹介しましょう。


全幅1,800mm以下

まずは車幅1,800mm以下のセダンという、現在ではちょっと珍しいモデルを紹介します。
1,780mm:メルセデス・ベンツCLAクラス(※クーペ、およびシューティングブレーク)
1,795mm:アウディA3
1,800mm:BMW3シリーズ
A3、CLAは、いずれも同社のコンパクトクラスモデルをベースにしたセダン(CLAは4ドアクーペ)なので、車幅が狭いのはわかるのですが、3シリーズは、ひとつ上のDセグメントでありながら1,800mmに収まっています。
ちなみにかつてメルセデス・ベンツのコンパクトシリーズとして発売されていた190Eシリーズの車幅は1,690mm、初代3シリーズ(E30)の車幅は1,645mm。昔の輸入コンパクトセダンは、いずれも5ナンバーサイズに収まっていたのです。


全幅1,850mm以下

全幅を1,850mm以下にまで拡大すると、該当する輸入車セダンの種類が一気に増えます。
1,805mm:キャデラックATS
1,810mm:メルセデス・ベンツCクラス
1,830mm:フォルクスワーゲンパサート
1,840mm:アウディA4、キャデラックCTS
1,850mm:メルセデス・ベンツEクラス、ジャガーXE
3シリーズのライバルであるCクラスやA4、フォルクスワーゲンのパサートやキャデラックのセダン2種などもすべてこのサイズに収まっています。
おもしろいのは、CクラスとEクラスが全幅1,850mm以下という枠組みにすると同じカテゴリーとなること。車格の違う2台ですが、車幅はそれほど差がないということが分かります。
ちなみに初代Cクラス(W202)の車幅は1,720mm、丸目4灯で知られる2代目Eクラス(W210)は1,800mm、1997年に発売されたパサートは1,740mm。
また、このサイズにジャガーのセダンが入っていますが、ジャガーというとXJを思い浮かべる方も多く、どうしても大柄な印象が強いので意外だったかもしれません。しかしジャガーには、かつてコンパクトセダンとしてXタイプという車幅1,790mmのモデルがあり、そのほかにもSタイプという車幅1,820mmのモデルも存在しました。


全幅1,855mm以上

こちらは全幅1,850mmに収まりきらなかった輸入車セダン。Eクラスのライバルである5シリーズやA6も、車幅でカテゴライズすると1,855mm以上の大柄サイズとなっています。
1,865mm:アルファロメオジュリア
1,870mm:BMW5シリーズ
1,875mm:フォルクスワーゲンアルテオン、アウディA6
1,880mm:ジャガーXF、ボルボS90
1,885mm:キャデラックCT6
1,900mm:メルセデス・ベンツSクラス、BMW7シリーズ、ジャガーXJ
1,915mm:メルセデス・マイバッハ
1,950mm:アウディA8、マセラティクアトロポルテ
Sクラスや7シリーズといったフラッグシップセダンはいずれも1,900mmですが、A8はライバルモデルよりも車幅が大きく、あのメルセデス・マイバッハよりもA8の方が車幅があるということが分かりました。
ちなみに初代Sクラス(W126)は1,820mm、大柄な印象の強い2代目Sクラス(W140)が1,885mm、初代A8でも1,880mmで、かつてはフラッグシップセダンでも車幅が1,900mmを超えるセダンはほとんど存在していませんでした。



新車の輸入車セダンを全幅1,800mm以下/1,850mm以下/1,855mm以上の3つに分類してみると、セダンという車の性格もあってか1,855mm以上のものが圧倒的に多く、1,800mm以下に当てはまるセダンはわずか3台のみ。
各項の解説にも記しましたが、かつては1,800mm以下のものが多く、全幅1,700mm以下の5ナンバーサイズのセダンもありました。狭い道を走るのが苦手な方、駐車場に車幅制限のある方などは、ひと昔前の車をあえて選んでみるというのもいいかもしれません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します