現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ初の市販EV『e-tron』、最新バーチャルコックピット採用へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.5

アウディ初の市販EV『e-tron』、最新バーチャルコックピット採用へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ(Audi)は7月4日、2018年末に発売予定のブランド初の市販EV、『e-tron』のインテリアを公開した。

e-tronは、アウディのラグジュアリーモデルと同等のスペースと快適性を備え、5名の乗員とその荷物を積載することが可能。長距離ドライブに対応する航続と、幅広い充電方法を用意する実用性の高いEVとなる。

    ちょっとそこのお父さん! お宅のファミリーカー、予算150万円ぐらいで「アウディのステーションワゴン」にできますよ!

e-tronの駆動方式は、電動4WDの「クワトロ」。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は95kWhと大容量。この効果もあり、1回の充電での航続は、欧州仕様の場合、最大で400km以上の性能を備える。さらに、e-tronは、最大150kWで急速充電を行うことが可能。これにより、30分以内に充電が行える。

アウディは今回、e-tronのインテリアを公開。アウディのデジタルコクピット、「アウディバーチャルコックピット」の最新版を搭載する。

e-tronのアウディバーチャルコックピットでは、初設定の「バーチャルエクステリアミラー」用のモニターを、両サイドのドア部分に設置。ドライバー正面にひとつ、センターコンソールに2つ、左右のドアに2つの合計5つのモニターが配置される空間になる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します