現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車装着より高性能な夏タイヤを購入、37%が回答 GfKジャパン調べ

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.4

新車装着より高性能な夏タイヤを購入、37%が回答 GfKジャパン調べ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GfKジャパンは、全国のドライバー約1万2600名に対し、夏タイヤに関するインターネット調査を実施し、その結果を発表した。

まず、夏タイヤ購入のきっかけを聞いたところ「タイヤの溝がないと自分で気付いたから」と回答した割合が35%と最も高く、多くのドライバーが定期的にタイヤの状態を点検・確認している様子がうかがえる。一方、「一定の期間を走ったから」が14%、「一定の距離を走ったから」が13%と、タイヤ買い替えのタイミングを自身で設定し、その時期が来たら検討を始めるといったドライバーも多いようだ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

夏タイヤを店頭販売で購入した理由(複数回答)については、「いつも使っているお店だから」が最も高く36%で、次いで「タイヤの価格が安かったから」が34%。また「キャンペーンをやっていたから」との回答も15%あった。一方、インターネット販売で購入した消費者は価格面を重視する傾向にあり、67%が「タイヤの価格が安かったから」、26%が「送料が無料だったから」を購入理由として挙げた。

購入タイヤの事前検討については、店頭購入者の53%、インターネット購入者の44%は「店を訪問/アクセスしてから、ブランド及びシリーズを決めた」と回答。どのような夏タイヤが欲しいか等のイメージを持たない状態で店を訪問したり、ウェブサイトにアクセスしたりしているドライバーが多いようだ。ただし、インターネット購入者では「店を訪問/アクセスする前に、購入するブランド及びシリーズを既に決めていた」との回答が31%と店頭購入者(20%)に比べ高かった。

昨今、新車装着タイヤと同等またはより高性能なタイヤへの買い替えが訴求されている。新車装着タイヤを認識しているドライバーのうち、実際に「新車装着タイヤよりも性能が良いものを買った」と回答した割合は37%。「新車装着タイヤよりも性能が低いものを買った」と回答した消費者は13%にとどまった。現在では多くの消費者が新車装着タイヤとの性能差を意識し、夏タイヤを検討・購入しているようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します