現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル 2018年5月度の生産・国内販売・輸出実績

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.3

スバル 2018年5月度の生産・国内販売・輸出実績

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルは2018年6月28日、2018年5月度の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表した。

■生産

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

国内生産はインプレッサ、XVが増加したが、フォレスターが大幅に減少したため16.4%の減少となり3ヶ月連続で前年実績割れだ。フォレスターは4月で生産を終了し、5月のゴールデンウイーク明けから新型フォレスターの生産が開始されている。
アメリカでの生産は新型クロスオーバーのアセントの生産が開始されたが、インプレッサの新型車効果が落ち着いた影響が大きく、12.8%の減少となり、6ヶ月連続の前年実績割れとなっている。

■販売

国内販売は、インプレッサ、XVの新型車効果が落ち着いたことと、フォレスターはモデルチェンジが控えており、在庫のみの販売で、レヴォーグの改良を控えていることなども重なり-39.7%と大幅に減少した。また軽自動車は シフォン、プレオ、サンバーがいずれも-12.9%減少した。

■輸出

また輸出は、北米、豪州向けのフォレスターを中心に13.2%減少しているが、これもフォレスターの生産終了の影響だ。

マスメディアは、完成車検査の不正問題が大きく影響し、大幅に販売がダウンしているという見方だが、実際にはフォレスターのモデルチェンジの影響で、従来型は4月末で生産が終了し、新型フォレスターは7月発売というタイミングのずれが影響し、販売減少の原因となっている。

スバル 関連情報
スバル公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • imo*****|2018/07/04 20:26

    違反報告

    国内市場を大切にしない会社。それまで支えてきた顧客を顧みない会社。自らの成り立ちを忘れてサンバーを廃した会社。80年代、米国一本足打法で苦境に陥った歴史を忘れた会社。もう富士重工ではないスバルは拝金企業に変身したのか?悲しい。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します