現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスのプラグイン燃料電池車、商用車に拡大展開…航続最大500km

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.3

メルセデスのプラグイン燃料電池車、商用車に拡大展開…航続最大500km

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデスベンツは7月2日、燃料電池コンセプトカー、『コンセプト・スプリンターF-CELL』を発表した。

メルセデスベンツはSUVの『GLC』をベースにした燃料電池車として、『GLC F‐CELL』を開発中。そのノウハウを、今度はメルセデスベンツの主力商用車、『スプリンター』に拡大展開。コンセプト スプリンター F-CELLが開発された。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

コンセプト・スプリンターF-CELLの大きな特徴は、GLC F‐CELL同様、外部充電が可能なプラグイン機能付きの燃料電池車という点。バッテリーは、家庭および充電ステーションで充電できる。

コンセプト・スプリンターF-CELLのモーターは、最大出力200hp、最大トルク35.7kgmを発生。バッテリーはリチウムイオン。最大30kmのゼロエミッション走行を実現する。

また、3本の水素タンクは床下に配置。強固なカーボンファイバー製のタンクには、およそ4.5kgの水素が高圧で充填される。30kmのEVモードに加えて、水素と酸素で発電することにより、最大500kmの航続を可能にする、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します