現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ「ソリオ/ソリオ バンディット」の予防安全装備を充実! 価格は145万円から

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.3

スズキ「ソリオ/ソリオ バンディット」の予防安全装備を充実! 価格は145万円から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「スズキ セーフティ サポート」の機能が充実

 スズキは、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させた「ソリオ」と「ソリオ バンディット」を2018年7月20日(金)より発売します。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 今回の仕様変更では、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に夜間の歩行者を検知する機能やアダプティブクルーズコントロール、ハイビームアシストを追加。さらに、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を新採用し、前後の予防安全性能を高めています。  さらに、全方位モニター用カメラに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」と、自車の周辺に人などが近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」を追加。「ソリオ (HYBRID MZ・HYBRID SZ)」と「ソリオ バンディット」にSRSカーテンエアバッグを標準装備して安全装備も充実させています。

 快適装備には、4WD仕様車のみに採用していた「助手席シートヒーター」をハイブリッド仕様車(2WD)にも採用したほか、ハイブリッド仕様車のエコモードスイッチ(標準モード/エコモード)をハンドルに移設して使い勝手を向上。

 デザイン面では、15インチアルミホイールやシート表皮を変更しています。「ソリオ」は、フロントロアグリルにメッキ加飾を追加してより上質な印象を実現。「ソリオ バンディット」では、フロントバンパーやフロントグリルをより存在感のある意匠に変更するなど、それぞれの個性をより引き立たせる仕様変更をおこないました。

「ソリオ」と「ソリオ バンディット」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当しています。

「ソリオ」の価格(消費税込み)は、145万9080円から217万9440円。「ソリオ バンディット」は、194万4000円から216万8640円です。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します