現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ただのオシャレ? エンジンカバーの役割とは エンジンの進化を補う「素材」の実力

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.3

ただのオシャレ? エンジンカバーの役割とは エンジンの進化を補う「素材」の実力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■エンジンカバーはエンジンを「温める」目的も

 近年のクルマは、ボンネットを開けてみるとエンジンが大きなカバーで覆われて、エンジンルームの見た目がすっきりとしている場合も。エンジンカバーにはどのような役割りがあるのでしょうか。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ボンネットの内側にあるエンジンが、大きなカバーで覆われていている車種があります。

 たとえば、メルセデス・ベンツ日本によると現在のベンツでは全車種に、スバルやマツダもほとんどの車種に、このようなエンジンカバーがついているそうです。

 メルセデス・ベンツではおおよそ2000年代前後、ディーゼル車に限れば1997(平成9)年の「ML270 CDI」(初代Mクラス)にはついていたといいます。エンジンカバーの用途について、メルセデス・ベンツ日本の担当者も、スバルの担当者も口をそろえ、複雑な配管やケーブルなどを隠す見た目上の理由が大きいのではないかといいます。

 マツダでも、2010年代から順次投入されていった「スカイアクティブ世代」の以前から装着されていたとのこと。見た目のみならず、「遮音や遮熱、エンジンのヘッド部分や各種の補機類を汚れから守るといった役割があります」と話します。

「特にディーゼルの場合、効率の悪いコールドスタート(エンジンが冷え切った状態で始動すること)の際にエンジンを早く暖めたいので、放熱を抑え暖機を促す役割もあります」(マツダ)

 実際にはクーラント(冷却水)を冷え切らないように工夫するなど、様々な部分の総合力でエンジンの性能を高めているといいいますが、一般的に騒音も大きいとされるディーゼルエンジンにとっては、遮音の面でもカバーの役割が大きいかもしれません。BMWの「320i」などでは、カバーとエンジンのヘッド部分とのあいだに、厚みのあるウレタンが挟まっており、カバーとセットで防振や防音の効果を高めていることがわかります。

■あの家庭用スポンジと同じ素材がエンジンカバーに?

 エンジンカバーは多くの場合、樹脂(プラスチック)のものが使われています。世界の自動車メーカーに、その素材を提供しているサプライヤーのひとつが、ドイツに拠点を置く化学メーカーのBASF。同社のメラミン樹脂素材「バソテクト」が、ベンツやフォルクスワーゲンのエンジンカバーなどに採用されているそうです。

「エンジンが小型化され高性能となるなかで、熱や騒音をもたらすようになりました。そこで、耐熱・断熱性と吸音性に優れた熱硬化性メラミン樹脂によるエンジンカバーで、これらの課題を解決しているのです。当社の製品はほかに、ボンネット裏のインシュレーター(防音材)やギアボックスカバーなどにも採用されています」(BASFの日本法人・BASFジャパン)

 メラミン樹脂は耐熱温度240度。自動車用のほか、コップなどの食器や、建築の吸音材、防音剤など様々な用途があります。BASFによると、これをスポンジ状にしたものも建築素材や掃除用具として使われているとのこと。家庭の台所などで見られる、洗剤を使わず水だけで茶渋や水あかが落ちる「メラミンスポンジ」にもBASFの「バソテクト」が採用されているといいます。

 ちなみに、BASFジャパンによると、メラミン樹脂はもともと建築素材などとしての用途が先で、たまたま「汚れが落ちる」という性能が見つかったことから、あのスポンジが誕生したのだそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します