現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつての憧れを今こそ実現したい!英国紳士の気分が味わえるイギリス車5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.3

かつての憧れを今こそ実現したい!英国紳士の気分が味わえるイギリス車5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつての輸入車は、いま以上に生産された場所のお国柄が反映されていました。なかでもイギリスの自動車メーカーが手掛けてきたクルマは、歴史の重みがあるぶん、どこか違った雰囲気が漂います。今回は、そんな英国車を厳選して紹介。ステアリングを握れば、英国紳士の気分が味わえるかもしれません。文・西山昭智

(1)ランドローバーレンジローバー(2代目)

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

当時の新車価格650万円(2000年4.OSE)
英国車といえば、この車を連想される方も多いであろうレンジローバー。ランドローバー社の手がけるフラッグシップモデルで、1970年に初代モデルが登場しました。
レンジローバーは、優れたオフロード走破性を持つSUVでありながら、高級車のような佇まいと上質なインテリアを纏い、昨今トレンドになっているプレミアムSUVの嚆矢とも言われます。
現在、販売されているレンジローバーは4代目で、イヴォークやスポーツ、ヴェラールなど兄弟も増えましたが、おすすめしたいのは1995年にデビューした2代目。通称"セカンドレンジ"と呼ばれるモデルです。
丸目だった初代”クラシックレンジ”のスタイリングを上手に残しつつも、新しい雰囲気を生み出すことに成功し、いま見てもそのスタイリングに古臭さは感じません。
1995年には、4.0SEと4.6HSEが日本で販売され、翌年には上級グレードのオートバイオグラフィーが仲間入りをしました。このオートバイオグラフィーのインテリアは、専用の2トーンカラーシートに代表される本革とウォルナットを贅沢に使用。またスター型のアルミホイールを奢るなど、高級車ならではの質感で仕上げられていました。

(2)ジャガーXJシリーズ(X308)

当時の新車価格833万円(2003年XJ83.5)
かつて英国を代表する自動車メーカーのひとつだったジャガー。2018年現在は、ランドローバーとともにインド・タタモーターズの傘下に入り、コンパクトSUVのE-PACEからスポーツモデルのFタイプまで、幅広くラインナップを揃えています。そのなかでジャガーを代表するモデルといえば、ラグジュアリーサルーンのXJシリーズではないでしょうか?
1968年に初代が登場。1979年にデビューしたシリーズIIIは、後の品質向上によって、非常に高い人気となりました。このシリーズIIIの4灯丸形ヘッドライト、ライバルのBMWやメルセデス・ベンツに対して、前後の長いオーバーハングや、低くスポーティなシルエット、ネコ脚と形容される乗り心地などが特徴でした。
1986年にXJは、フルモデルチェンジによってXJ40シリーズに進化。さらに1994年にはX300系となり、その改良版となるのがX308系です。
X300系では、XJ40シリーズで角型4灯になったヘッドライトを4灯丸形ヘッドライトに戻し、クラシックな雰囲気が蘇りました。X308系も同様で、見た目はもちろん内装もジャガーらしい雰囲気で、コノリーレザーとウッドパネルを多用した内装の意匠はエレガントそのもの。エンジンは、すべてV型8気筒に統一されています。
なお、X308系の後継となるX350系では、オールアルミボディを採用。さらにX351系では、過去のXJシリーズとは決別した斬新なスタリングを身に纏ったことでも話題を集めました。

(3)ミニ(クラシック)

当時の新車価格178.9万円(1997年メイフェア)
21世紀となった現在のミニといえば、BMWの手がけるコンパクトカーというイメージですが、その出自はイギリスを代表する大衆車です。
1959年に初代が発売され、2000年まで生産が続けられた息の長いロングセラーモデルは、なんといってもその可愛らしいスタイリングが特長。全長3,075×全幅1,530×全高1,330mm、ホイールベースはわずか2,035mmというサイズにもかかわらず、大人4名が乗車できるようになっています。
現在の軽自動車でも全長は約3.4mなので、約3mがどれほどコンパクトか想像できるかと思います。それに大人4人乗車を可能としたのは、技術者だったアレック・イシゴニスの存在が大でした。
ミニマムなサイズに大人4人が乗車ができるようにするため、エンジンを横置きに、さらにミッション(トランスアクスル)をその下に配置する2階建て構造にしていました。このレイアウトは、イシゴニス方式と呼ばれています。また、現在では主流の横置きFFを世界中に広めたことでも知られています。
およそ半世紀の間には、いくつものスペシャルが登場し、1990年代には英国を代表するデザイナー、ポール・スミスとのコラボレーションも行っています。

(4)ローバー75

当時の新車価格498万円(2004年ベースグレード)
1901年に誕生し、2005年にブランド自体が消滅してしまったローバー。かつて名車を数多く手がけてきた英国きっての自動車メーカーのひとつでした。代表的なモデルといえば、前述のランドローバーですが、こちらで紹介したいのは、ローバー75というミドルサイズセダンです。
英国らしい雰囲気を感じさせるデザインは、リチャード・ウーリーというデザイナーによるもの。丸形4灯ヘッドライトやバーチカル型のフロントグリル、大胆に入ったサイドラインや英国らしさあふれるテールランプの形状など、一瞬にして英国車ということが分かる佇まいだけでなく、内装もまさに英国そのものの雰囲気を醸し出しています。
ウッドパネルとレザーインテリアの組み合わせや上品なパイピングシート、楕円を基調にしたガーニッシュやクラシカルなアナログ時計など、ジャガーとはまた違った意味での英国らしさがあふれています。


(5)ロールス・ロイスシルバーセラフ

当時の新車価格3,180万円(1998年)
世界最高峰のプレミアムブランドとして、君臨し続けるロールス・ロイス。シルバーセラフは、1998年から2003年まで生産されていたモデルで、ファントムに代表されるようなショーファードリブンではなく、運転を楽しむドライバーズカーという位置づけでした。
スタイリングはロールス・ロイス然としたもので、フロントマスクにはおなじみのパルテノングリルとスピリットオブエクスタシーも鎮座。エンジンは、BMWが開発したV12エンジンが採用されています。
内装にはウォルナットと本革レザーを贅沢に使い、シフトレバーはコラム式。センターコンソールの各パネルは化粧板で隠すことができ、ロールス・ロイスの伝統を感じさせる仕上がりとなっています。
同じ顔つきのベントレーアルナージが兄弟車で、こちらはパルテノングリルの代わりにメッシュグリルが使われています。発売当時は3,180万円だったものの現在は10分の1近くまで価格が下がっています。



英国車といえばエレガントなデザインとウッドパネルとレザーを使った贅沢なインテリアが特長で、明らかにほかの国の自動車とは違った雰囲気を漂わせています。
その一方で、スーパーセブンに代表されるライトウェイトスポーツやアストンマーチンなどのスーパーカーまで、英国発の自動車メーカーは個性あふれる自動車を輩出してきました。
発売当時は高根の花だった英国車も、最近では価格もこなれてきているので十分手が届くものになっています。かつての憧れを、いまこそ実現してみるのはいかがでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pvf*****|2018/07/03 06:49

    違反報告

    初代ディスコで痛い目にあった
    脆弱なディーラー網と機械的信頼度の無さはどうしようもない。
    中古なら尚更、乗るなら相当な出費を覚悟しないと
  • dmd*****|2018/07/03 07:42

    違反報告

    英国車オーナー各位が言われるとおり、クルマの信頼性やインポーターのサービス体制などケチを付けたらキリがないが、それでも余りある魅力が英国車にはあると思う。
    ベントレーやアストンマーティンが似合うような紳士になってみたい。
  • kei*****|2018/07/03 07:41

    違反報告

    ジャガーランドローバー は新しい年式のものは壊れないがね。
    古い型のはマジで壊れる。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します