現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキのインド販売、過去最高…24%増の49万台 4-6月

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.2

スズキのインド販売、過去最高…24%増の49万台 4-6月

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキのインド子会社、マルチスズキは7月1日、2018年4~6月のインド新車販売の結果を公表した。輸出を含めた総販売台数は、過去最高の49万0479台。前年同期比は24.3%増と、2桁増を達成した。

49万0479台の販売台数の内訳は、インド国内が46万3840台。前年同期比は25.9%増と好調だった。輸出は2万6639台で、前年同期比は1.9%増と微増ながら、前年実績を上回る。

    絶滅危惧車のツインハイブリッド、実は“改造車”扱いの車だった!?

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『ディザイア』『バレーノ』『イグニス』『シアズ』などが、合計で34万8425台を販売。前年同期比は16.9%の伸びを示す。

バンセグメントでは、『オムニ』『イーコ』が4万4788台を販売。前年同期比は25.3%増と回復。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、『エルティガ』や『Sクロス』、『ヴィターラ・ブレッツァ』を含めて、セグメント合計で6万5754台を販売。前年同期比は15.1%増と、好調を保つ。

マルチスズキの2017年度のインド新車販売は、輸出を含めた総販売台数が過去最高の177万9574台。前年比は13.4%増と、4年連続で前年実績を上回っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sor*****|2018/07/02 16:30

    違反報告

    インドは全長4メートル以下のクルマは
    インド版の物品税が安くなる。
    そこにスイフトのセダン版「ディザイア」などを
    投入してライバルと戦っているのは、かつて
    商用車扱いにさせて物品税免除の軽を誕生させた
    初代アルトの知恵が生かされていると思うよ。
    そういうところを突くのはスズキはとても上手い

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します