現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ITを活用して道路の路面情報を検知---ソフトバンクが宇治市で実証実験

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.2

ITを活用して道路の路面情報を検知---ソフトバンクが宇治市で実証実験

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクは、宇治市と7月1日から2019年3月31日まで、IoTを活用して路面情報を検知する実証実験を京都府宇治市で実施している。

今回の実証実験では、村田製作所が開発した「路面検知システム」と、高精度な位置測位を可能にするソフトバンクの技術を組み合わせ、配送業などの商用車両に搭載して宇治市内の路面情報を収集する。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

カメラや加速度センサー、ジャイロセンサーなどを活用して路面状態を把握する「路面検知システム」に、準天頂衛星を利用して高精度な位置情報を連携、路面状態と場所を正確に把握できるとしている。収集したデータは、ソフトバンクのIoTプラットフォームを利用して一元管理する。

従来、路面状態を把握するためには、熟練した作業員が専用車両を使って定期的に巡回する必要があり、多くの費用や時間を要していた。IoTを活用して効率的に路面の状態を把握することで点検にかかる費用や時間を抑制できる。

また、日常的なモニタリングによって早い段階で劣化を発見・対処できるほか、従来の事後保全から予防保全への転換も可能で、道路の維持管理費用も削減できる。

ソフトバンクは実証実験を通して、路面情報の収集に必要な車両数の検証や、収集データの精度の確認、路面の状態を自動で解析するシステムを検証、商用化に向けてソリューションの構築を目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します