現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランドローバー初のPHEV車導入 電動化の波が高級SUVにまで波及か?

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.28

ランドローバー初のPHEV車導入 電動化の波が高級SUVにまで波及か?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「レンジローバー(PHEV)」はエコだけど速いSUV

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」にプラグイン・ハイブリッド・モデル(PHEV)を追加し、2018年6月27日より、予約受付を開始しました。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ランドローバーとして初となるPHEV車日本導入についてマーケティングディレクターの若林さんは、「今回のPHEVには7つの特徴があります。素晴らしい出力を発揮するのは、2リッターエンジン(300PS)と高出力モーター(116PS)を搭載を併用したパラレル・ハイブリッドシステムです。バッテリーは、13kwの大容量を誇ります。

 単なるエコを目指したプラグインハイブリッドモデルではなく、あくまで『レンジローバー スポーツ』なのでスポーティな走りを約束するクルマです。しかし、『エコ』もちゃんと意識しており、ナビゲーション上で目的地を設定すると高低差や経路を計算し、一番効率的な動力を自動で選択するエネルギー最適化予測機能(PEO:Predictive Energy Optimization)がある素晴らしいクルマとなっています」と語りました。

 今回のランドローバーで初めて導入されたPHEVシステムは、INGENIUMガソリン・エンジン(300馬力)と高出力モーター(116馬力)を併用し、バッテリー消費を抑えて走行するパラレル・ハイブリッドを採用しています。INGENIUMガソリン・エンジンと高出力モーターの両方を合わせた再高出力は、404馬力です。

 パラレル・ハイブリッド・モードには、バッテリーの充電レベルが設定値以下になるのを防ぐ「セーブ機能」、ナビゲーションに目的地を入れルートを設定すると、目的地までの高低差のデータを活用しモーターとガソリン・エンジンを最適に切り替え、エネルギー効率を高める「エネルギー最適化予測(PEO: Predictive Energy Optimization)機能」を備え、効率よく走行することができます。

 搭載されているエンジンとモーターは、シームレスに切り替わり、低速域や滑りやすい路面でもスムーズなハンドリングを提供し、走行モードはハイブリッドモードとEVモードを選択できます。

 エンジンを停止しモーターのみで走行するEVモードは、最高レベルの静粛性とフル充電された時の航続距離は最長51kmです。EVモードを設定中でも走行性能は損なわれることなく高い走破性を実現しています。

 充電は、付属の充電ケーブルを介しEVまたはPHEV向けコンセントで充電するか、ケーブル一体型の充電器で充電することが可能です。200Vの普通充電に対応しており、家庭や公共施設、商業施設で充電が可能で、格納された充電ポイントはフロントグリルに配置されています。

 さらに、標準装備のスマートフォン向けアプリを活用し、車両の充電状況を確認したり、エアコンを起動し事前に車内温度を調整することや、充電の開始と終了を遠隔操作することも可能です。

『レンジローバー(PHEV)』の価格(消費税込み)・RANGE ROVER VOGUE(PHEV):1508万円・RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY(PHEV):1780万円・RANGE ROVER VOGUE LONG WHEELBASE(PHEV):1573万円・RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY LONG WHEELBASE(PHEV):1836万円・RANGE ROVER SVAutobiography(PHEV):2866万円

『RANGE ROVER SPORT(PHEV)』の価格(消費税込み)・RANGE ROVER SPORT HSE(PHEV):1185万円・RANGE ROVER SPORT HSE DYNAMIC(PHEV):1242万円・RANGE ROVER SPORT AUTOBIOGRAPHY DYNAMIC(PHEV):1315万円・RANGE ROVER VOGUE(PHEV):1508万円

 また、ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2018年6月30日(土)から9月24日(月・祝)まで、ジャガーおよびランドローバーの世界観を体感できる「JAGUAR LAND ROVER STUDIO」を銀座に期間限定オープンします。

「JAGUAR LAND ROVER STUDIO」では、ジャガーとランドローバーのハイパフォーマンス・モデルや各ブランドを代表する最新モデルの展示、試乗プログラムが用意されています。さらに会場にはカフェを併設し、各ブランドの世界観をイメージしたオリジナルドリンクを提供するほか、「JAGUAR LAND ROVER STUDIO」でのみ購入可能なブランドグッズが限定販売されます。

開催期間:2018年6月30日(土)~9月24日(月・祝)※6月30日(土)~7月10日(火)、9月11日(火)~24日(月・祝)は無休※7月11日(水)~9月10日(月)は月曜、火曜、水曜休業(7月16日月曜は祝日営業)営業時間:11:00~19:00 ※7月6日(金)、13日(金)、27日(金)のみ12:00~20:00場所:G735(住所:東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル1F)最寄り駅:東京メトロ「銀座」駅 C2出口 徒歩約5分

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します