現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レンジローバー/レンジローバースポーツにPHEVが追加!

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.27

レンジローバー/レンジローバースポーツにPHEVが追加!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランドローバー史上、初となるPHEVモデルがレンジローバーとレンジローバースポーツに追加された。システム出力404ps/640nmを発揮するハイパフォーマンスSUVだ。そんな魅力的なPHEVも展示されるポップアップショールームが期間限定で銀座にオープンする。PHOTO◎ジャガー・ランドローバー・ジャパン

 4月27日より受注が開始されたレンジローバー、およびレンジローバースポーツの2018年モデルは、快適性と洗練性がさらに向上したのが特徴だ。エクステリアはレンジローバー第4のモデル、ヴェラールからの影響が色濃く感じられるデザインへと進化した。
 
 ヴェラールのデザインテーマである無駄なラインを削ぎ落とす「Reductionism(還元主義)」が、レンジローバー/レンジローバースポーツにも落とし込まれており、2つのLEDを持つヘッドライトやバンパー、フロントグリルなど、非常に洗練された面持ちとなった。またドアガラスの厚みを6mmに変更したことで車内の静粛性も高まった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 もちろん外観だけでなく走りも進化している。走行モードのテレインレスポンスに、新たに「ダイナミック」と「エコ」が追加された。


 そして今年のレンジローバー/レンジローバースポーツの目玉となるのが本日6月27日に発表されたランドローバー初となるPHEVモデルだ。自社開発の2.0L直4ターボINGENIUMエンジン(300ps)に高出力モーター(116ps)を組み合わせたことで、システム出力(404ps/640Nm)を発生する。走行モードはEVモードとパラレルハイブリッドモードを選択でき、パラレルハイブリッドモードはナビゲーションで設定した目的地までの高低差のデータを活用し、モーターとエンジンを最適に切り替える賢い制御を行うという。

 EVモードでの航続距離は最長51kmで、充電は200Vの普通充電に対応している。惜しむべきはCHAdeMO等の急速充電に対応していないことだろう。

 そんな勢いに乗るジャガー・ランドローバーの歴史や世界観を気軽に体感できる「JAGUAR LAND ROVER STUDIO」が6月30日~9月24日まで東京・銀座にオープンする。ジャガーブランドやランドローバーブランドの世界観をイメージしたオリジナルドリンクを味わえるカフェが併設されるほか、両ブランドの最新モデルの展示&試乗が行われる。もちろん最新のレンジローバー&レンジローバースポーツのPHEVモデルも展示されるので、気になる人は期間中に足を運んでみよう。


 

◎JAGUAR LAND ROVER STUDIO
住所:G735(東京都中央区銀座7-3-5ヒューリック銀座7丁目ビル1F)
期間:6月30日(日)~9月24日(月・祝)
営業時間:11:00~19:00
特設サイト https://www.landrover.co.jp/offers-and-finance/land_rover_studio_japan.html

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します