現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ、VRテクノロジーを導入…全世界のアフターセールス部門に

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.27

ポルシェ、VRテクノロジーを導入…全世界のアフターセールス部門に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェは6月26日、全世界のアフターセールス部門に、VR(バーチャル・リアリティ)テクノロジーを導入すると発表した。

全世界のアフターセールス部門のスタッフは、専用のVRゴーグルを装着。これにより新型車の発売前に、その新型車の整備上の重要項目を、VRテクノロジーを通じて、スピーディに習得することを可能にする。

    70周年を祝うポルシェの目玉はタイカンと911スピードスター

例えば、プラグインハイブリッド車(PHV)の『パナメーラ 4 E-ハイブリッド』の場合、コントローラーを1回クリックするだけで、VRゴーグルを通した視界からは、車体が魔法のように消え、オレンジ色のケーブルと高電圧コンポーネントの設置場所がひと目で分かる。

また、電動パワートレーンのさまざまなモジュールがどこにレイアウトされているか、確認が可能。車両の後部にある蓄電容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーを、あらゆる角度から精査することもできる。

ポルシェによると、世界中で8000人の技術者がポルシェセンターに勤務。実際の車両を用いた研修を受けなくても、車両の修理が3Dデータを使用して実施できるようになる、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します