現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルクスワーゲンの電気自動車がパイクスピークで歴代最速タイムを記録

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.27

フォルクスワーゲンの電気自動車がパイクスピークで歴代最速タイムを記録

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100年を超える歴史を持つ、アメリカン伝統のモータースポーツイベント「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」が今年も開催されました。パイクスピークと通称されるこのイベントは、大小156個ものコーナーからなる19.99kmの峠道を駆け抜けるタイムアタック大会。

今年の注目は、久しぶりにワークス参戦したフォルクスワーゲンです。しかもマシンは「I.D. R Pikes Peak」なるレース専用のEVを専用に開発。ドライバーは現在、2連覇中のロマン・デュマ選手という勝てる体制。大会前からコースレコード更新が期待されていました。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

従来のコースレコードは、2013年にセバスチャン・ローブ選手が、875馬力のモンスターマシン「プジョー208 T16 パイクスピーク」を駆ってたたき出した8分13秒878でした。

はたして、デュマ選手のゴールタイムは7分57秒148。過去最速タイムを更新、初の8分切りを実現したのです。

レコードマシンとなった「I.D. R Pikes Peak」の最高出力は500kW(680PS)であると発表されています。2013年のレコードブレイカー「プジョー208 T16 パイクスピーク」よりパワーが少ないのに記録を更新したのには驚かされますが、ゴール地点の標高が4300mとなっているため上にいくほど空気が薄くなりエンジン車はパワーダウンしていきます。空気密度の影響をそれほど受けない電気自動車のアドバンテージを活かしたニューレコードタイムといえそうです。

しかも、新記録樹立した日は、このマシンの開発をはじめてから250日目だったというのも驚きです。勝てるマシンを短期間で作り上げたフォルクスワーゲンの技術力を、電動化トレンドの拡大に向けて大いにアピールする結果となりました。

(山本晋也)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(clicccar 山本晋也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します