現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ70周年記念、911 の歴史を振り返る

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.26

ポルシェ70周年記念、911 の歴史を振り返る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ポルシェ911 空冷・ナローボディーの時代 【新装版】』

1963-1973

    70周年を祝うポルシェの目玉はタイカンと911スピードスター

著者:ブライアン・ロング

翻訳:ロング美穂 

翻訳・監修:小早川隆治

発行:三樹書房

定価:3000円(消費税除き)

2018年6月10日刊行

ISBN987-4-89522-690-5

ポルシェが誕生して今年で70周年。それを記念してポルシェを代表する『911』をテーマに、ドイツ本国のポルシェアーカイブから発掘した日本未公開写真を多数収録し、変遷を紹介した本が刊行された。

1948年、開発コード356/シャシー番号356-001のポルシェ「No.1」がオーストリアのグミュントで誕生した。これがポルシェを名乗る最初のモデルである。これはミッドシップレイアウトを採用したがその数か月後にはRRレイアウトに修正され、『911』の前身、『356』の生産化への準備が進められたのだ。グミュントで作られた356はおよそ50台といわれ、その後、シュトゥットガルトに戻り本格的な生産が開始された。1950年のことだった。

ポルシェ911のデビューは1963年のフランクフルトショーであった。その時は『901』であったがプジョーから3桁の数字の間に“0”を挟むことに対しクレームが付き、911という名称に変更され、正式なラインオフは1964年であった。これは今に続く911ストーリーの始まりだった。

本書では、356を設計したフェルディナント・ポルシェの息子、フェリー・ポルシェ、そして911をデザインしたブッツィ・ポルシェがどのような思いを込めそれぞれのクルマを開発していったか、また、1965年からナローボディ終焉となる1973年までの911をイヤーモデルごとに詳細に語られている。

さらに、ドイツ本国のボルシェアーカイブスから220点以上もの写真を掲載しており、これまで日本では公開されなかったものも含まれるので、一見の価値がある。

巻末には車体番号と生産台数やエンジン主要スペックが収録されているので資料性も高い。

なお本書は2011年に刊行された同書の内容はそのままに、ポルシェ『カレラRS』をカバーデザインに使用した新装版である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 内田俊一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sa2*****|2018/06/26 19:02

    違反報告

    乗ってた、77年の911S.997GT3、どちらも、純粋に楽しかったです。すきな1台というと、RSRターボレーシングと、GT1.は、乗ってみたいクルマです。
  • la_*****|2018/06/27 12:32

    違反報告

    プジョーが901という車名にクレーム付けたと言う定説は真実だろうか?
    同時代にブリストルには400シリーズがあり、少し後にはフェラーリに308等が有ったことと矛盾する。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します