現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ、米コネクトプラットフォームに参加…リコールを確実に顧客へ通知

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.14

マツダ、米コネクトプラットフォームに参加…リコールを確実に顧客へ通知

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダの米国部門、北米マツダは6月14日、米国のCCCインフォメーションサービス社(以下、CCC社)と提携すると発表した。

CCC社は1980年に設立。自動車修理工場向けアプリケーション、クラウド、モバイル、テレマティクス、自動車保険などを手がけている。CCCのソリューションとビッグデータは、350以上の保険会社、2万4000以上の自動車修理工場、自動車メーカー、数百の部品サプライヤーなどで構成される膨大なネットワークを結ぶコネクトプラットフォーム、「CCC ONE」を通じて提供される。

    ファミリア、ランティスなどマツダ歴代コンパクトハッチから魁コンセプトへの道を辿る

今回、北米マツダとCCC社は、提携を結ぶと発表。北米マツダは、CCC社のコネクトプラットフォームのCCC ONEに参加する。その狙いは、リコール(回収・無償修理)の確実な実施にある。とくに、米国市場で進んでいないとされるタカタ製エアバッグのリコール作業を促進する目的がある。

米国では、CCC社のソリューションを導入している自動車修理工場が多い。この工場に入庫したマツダ車のオーナーが、必要なリコールを受けていない場合、CCC社のシステムが即座にリコール該当車両であることを識別。これにより、オーナーにリコール作業を受けるよう、促すことができるという。

北米マツダのロバート・デイビス上級副社長は、「車両とドライバーの安全は最優先事項。リコールが発生した場合、ドライバーにできるだけ多くの機会を通して知らせることで、迅速にリコールを実施していく」と述べている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します