現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車ディーラーですすめられるボディコートに潜む罠! 同じ金額でも中身がピンキリなワケ

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新車だからと作業の手を抜かれていることも……

 最近、新車を買うと基本的に「ボディコーティングはどうしますか?」と聞かれる。曰く「水垢など付着しにくくなるため洗車が楽になります」。実際、キッチリ施工したガラスコートであれば、屋外駐車場だったとしても5年以上効能をキープ。私のクルマはガラスコートしてあるため、文字通り水洗いだけでピカピカだ。

 基本的に推奨するのだけれど、問題は施行のテクニックとコストだと思う。たとえば某ホンダ系ディーラーでクルマを買った場合、フィットであれば13万5000円のメニューや、7年間保証の34万200円のメニューがあるといった具合。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く