現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あいおいニッセイ同和損害保険、ボッシュ認定の「CDRアナリスト資格」取得者を15名に増員

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月18日、あいおいニッセイ同和損害調査株式会社に所属する10名の技術アジャスターが、ボッシュが認定する「CDR アナリスト資格」を追加取得した。2017年の10月に資格を取得した5名と合わせて、15名体制となり、国内損害保険会社では最大の調査体制を構築した。

ボッシュの事故解析ツールにEDR(event date recorder)は、車両の制御データが記録されている。そのデータを読み出すための機器にCDR(crash date retrieval事故データ検索)があり、読み出されたデータの解析によって事故原因が解明できるというツールだ。(Auto Prove)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く