現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 再生可能エネルギーやリユース蓄電池を使ったスマート工場プロジェクトに参加

ここから本文です
業界ニュース 2018.4.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月17日、日本ベネックスと住友商事は、日本ベネックス本社工場において、屋根置き太陽光パネルと電気自動車(以下「EV」)およびEVのリユース蓄電池を用いた新型蓄電池システムを全て完工し、「みらいの工場」プロジェクトを開始すると発表した。日産自動車は日本ベネックスへ商用タイプのEV「e-NV200」10台を提供し、このプロジェクトをサポートする。

このプロジェクトは、再生可能エネルギーとEVのリユース蓄電池システム(400kW)およびEV10台を組み合わせて利用し、エネルギーの効率利用と環境との共生を実現する、スマート工場モデルの確立を目指すもの。(Auto Prove)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く