現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電気自動車「日産リーフ」の中古バッテリーを再利用した 外灯を福島県浪江町に設置

ここから本文です
業界ニュース 2018.3.23

電気自動車「日産リーフ」の中古バッテリーを再利用した 外灯を福島県浪江町に設置

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島県浪江町、日産自動車と日産の関連会社のフォーアールエナジー(4R)は、22日、電気自動車「日産リーフ」の使用済バッテリーを再利用し製作した「外灯」を設置するプロジェクト「THE REBORN LIGHT」を発表した。

現在、自動車を取り巻く環境は、日本は勿論、世界的にも本格的なEVへの時代にシフトしている。その変化の過程には、近い将来、バッテリーの多量生産、多量廃棄という問題に直面することが予想される。そこで、東日本大震災からの復興に向けて新しいインフラを必要とする浪江町は、日産と4Rの協力の元、「日産リーフ」の中古バッテリーを再利用するプロジェクトを開始する。

    レオパレス21とKDDI、IoT活用による不正駐車・ごみ出しの遠隔監視に関する実証実験を開始

今回、日産と4Rは、ソーラーパネルの発電と「日産リーフ」の中古バッテリーを組み合わせることで、電線やコンセントを全く必要としない、完全オフグリッドで点灯する外灯の製作を実現した。そして浪江町は、これを、外灯を必要とする町内各所に設置するプロジェクト、「THE REBORN LIGHT」を実施する。「THE REBORN LIGHT」は、震災からの復興を進める浪江の町に灯りをもたらし、町民の生活を支援する。

浪江町と日産、4Rは、この「THE REBORN LIGHT」プロジェクトを発端に、今後の浪江町の更なる活性化と新たな産業の誕生を期待する。



「THE REBORN LIGHT」は、3月26日、福島県浪江町に開所する4Rのバッテリー再生工場において、まず、試作機を試験点灯し、その後2018年度に、順次設置していく予定。

詳細は、本日公開のコンセプトムービー、および、本件の公式サイトを参照。
【コンセプトムービー / YouTube】 https://youtu.be/yN4J4_nyIpI
【公式サイト 】http://www.nissan.co.jp/THEREBORNLIGHT/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します