現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンセプト変更で失敗! モデルチェンジで売れなくなった国産車3選 

ここから本文です
業界ニュース 2018.3.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大胆な変更で「らしさ」が失われファン離れに……

「最新のモデルが最良のモデル」とは新型モデルが登場したときによく聞かれるフレーズだ。当然、自動車の技術は日進月歩であり、安全性能や燃費性能などは最新モデルが優れていることは間違いない。しかし、先代のコンセプトから大きく変貌してしまったり、デザインが大きく変わってしまったりして商業的に失敗してしまったモデルも少なくない。そこで今回はそんなモデルチェンジで失敗してしまった車両をご紹介したい。

    販売力最強のトヨタをもってしても売れない残念な現行車4選

 1)日産ラティオ(最終型)

「Compact meets Luxury. コンパクトがはじめて出会う上質。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン