現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本ではマイナー車種の「トヨタ カムリ」がアメリカで年間40万台も売れるワケ

ここから本文です
業界ニュース 2018.3.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「迷ったらカムリ」という究極の安全パイ的な扱い

 ロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴ、ダラス、マイアミ……、全米どこでもトヨタ・カムリをよく見かける。それはそうだ。アメリカ国内で年間40万台近く販売されている、超人気車なのだから。

 ミニバンが主流の日本とは違い、アメリカではセダンがクルマの王道だ。ピックアップトラックやSUVもアメリカの代表的なクルマだが、一家で複数所有が当たり前のため、一家に一台はセダンがある場合が多い。

 売れ筋のセダンは、大きく4モデルある。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mas*****|2018/03/08 19:01

    違反報告

    読んだ結果、何故カムリが売れるのかがさっぱりわからない。

    「壊れにくい、アフターサービスが良い」はトヨタ括りだし、リセールが高いは人気だから。なぜ「カムリ」が売れるかには全然触れていない。

    TNGAやハンドリング、スタイリングは日本も同じ。なのになぜ日本ではマイナーでアメリカでは売れるのか、その理由は?
  • ss0*****|2018/03/08 19:28

    違反報告

    もはやアメリカのために作ってるようなもんだからね。
    車幅も無駄に広いし日本で本気で売るつもりはないらしい。
  • nyb*****|2018/03/08 20:27

    違反報告

    プリウスなんかが日本で売れる理由のほうがもっとわからない。