現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「コンパクトなAI技術を推進」三菱電機柵山社長

ここから本文です
業界ニュース 2018.2.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は2月14日、研究開発成果披露会を開催した。冒頭に同社代表執行役社長の柵山正樹氏が登壇し、事業全体の状況と今後の取り組みについて説明した。

「先日の第三四半期決算のとおり、今年度は過去最高の決算を計画している。創立100周年となる2020年には、連結売上5兆円を目指しており、成長に向けた設備投資を実施している。ただ、2020年は通過点。さらなる持続的成長に向けて、売上や利益だけでなく社会への貢献を目指す。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く