現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か

ここから本文です
業界ニュース 2018.2.12

「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 広さや乗降性ならミニバンだが走行すると……

 レクサスLSが新しくなり、攻めのコンセプト、デザイン、走行性能が話題になっている。そんな高級サルーンはショーファーカーの定番だが、一方でアルファード&ヴェルファイアのように高級ミニバンを愛用するVIPや芸能人も少なくない。

    セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

 そこで、移動空間としてサルーンとミニバンの後席のどっちが快適、満足できるのかを検証したい。想定する比較対象車は、サルーンはホイールベースが1種類になった新型レクサスLSの最上級グレード“エグゼクティブ”(先代のロングとショートの中間的ホイールベース)。対するミニバンは大規模なマイチェンを果たした新型アルファード&ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジである。

 まずは乗降性。これは間違いなく両側スライドドアを備えたミニバンのほうが快適だろう。大開口のスライドドアから階段を1段上がる感じで車体正面に向かって歩くように乗車でき(降車も同様)、室内高1400mmのゆとりもあって腰の移動量は明らかに少なくて済む(レクサスLSは1160mm)。Bピラーに設けられたアシストグリップの位置も、サルーンのルーフにあるアシストグリップより自然に握れる位置にある。

 車内の雰囲気はどうか。これはアルファード&ヴェルファイアを例に挙げれば、ラウンジ感覚という意味でミニバンが優位。天井のLEDルーフカラーイルミネーションや各所の間接照明など、高級ホテルの一室を思わせる演出が光る。

 高級サルーンが追求するのは限られた空間で贅沢感をもたらす旅客機のアッパークラスというイメージで、レクサスLSのエグゼクティブでは左右2つのパーソナルモニター、クールボックス、クライメイトコンシェルジュ機能を用意するなどのもてなし感が特徴だ。

 視界にしても見晴らし感覚、上から目線的な乗車感覚が得られるのは着座位置、アイポイントが圧倒的に高いミニバンである。新幹線の1階と2階席の違い……といったら大げさだが、どちらが爽快で快適かは明らかだろう。

 シートの仕立てについては高級サルーン、高級ミニバンともに豪華さを競い合っている。レクサスLSのエグゼクティブになるとマッサージ機能、左右、後方の電動サンシェードが奢られるが、さすがにミニバンでマッサージ機能、リヤウインドウのサンシェードは聞いたことがない。

 高級サルーンと高級ミニバンの大きな差のひとつはもちろん居住空間だ。アルファード&ヴェルファイアの2列目席は、キャプテンシートとして標準のリラックスキャプテンシートで頭上に250mm、ひざまわりに最大870mmものスペースがある。最上級グレードに組み合わされる豪華極まる完全2座のエグゼクティブラウンジシートの場合でも頭上に270mm、膝まわりに460mmものゆとりがあるわけだ。

 ところがレクサスLSはいかにシートが豪華でも、後席は頭上に120mm、ひざまわりに250mmのスペースでしかない(すべて身長172cmのドライバー、乗員基準)。車内のエアボリュームもずいぶん違うはずである。

 では、高級サルーンの後席にメリットはないのか、と言えば、ある。ひとつ目は静粛性。ミニバンは新型アルファード&ヴェルファイアのように遮音、吸音性能を追求しても、そもそも背高で空気抵抗が大きめのボディだから、風切り音などでサルーンに敵うはずもない。しかもレクサスLSは初代以来、世界を震撼させた超静粛性自慢のクルマなのである。

 そして長時間の着座での疲労感レベルに直結するシート振動でも、フロア&ボディに固定されたサルーンの後席が圧倒有利。ミニバン、それもロングスライド機構を持つシートはその点で不利で、なおかつアルファード&ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジの場合、シート外側のひじ掛け部分にリモコンなどが備わり、ひじ掛け単体重量は20kg。その重さが振り子のようになるのが災いし、走行中、ビリビリした振動を伝えやすいのである。新型アルファード&ヴェルファイアでは改良の結果、多少は改善されているが、振動皆無ではない(開発陣も改良点として認めている)。

 自然発生のシート振動は(マッサージ機能の振動とは違う)、繰り返すけれど、長時間付き合っていると疲労につながり、また、実際問題として、手帳にメモなどを書く際、手が震えてきれいな文字が書きにくかったりするのである。

 以前、アルファード&ヴェルファイア・ハイブリッド(HV)とレクサスLS(旧型)、メルセデス・ベンツSクラスPHVの後席快適性比較をCARトップ本誌で行ったとき、インプレッションのメモが、アルファード&ヴェルファイアだけまともに書けず、あとで読めなかった残念な経験がある(新型アルファード&ヴェルファイアでは文字が書けるまでに改善されている)。

 最後に乗り心地についてだが、これはもう、ミニバン、とくに背高のボックス型ミニバンの場合、横転防止策として足まわりを乗り心地方向に振りにくいのが実情。それでも新型アルファード&ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジのように、開発基準の乗り心地に特化させた17インチタイヤ、専用サスペンションを奢るグレードなら快適感は相当に高いものの、それでも高級サルーンを凌ぐには至らない。

 というか、低重心という乗り心地に振りやすいパッケージを持つサルーン、それも超高級サルーン同等の乗り心地が、ドアやテールゲートの開口部も大きい剛性面でも不利なミニバンで得られるわけもないのである。

 結論として、車内空間広さ、リラックス度、乗降性ではミニバン。シートの掛け心地そのもの、振動のなさ、乗り心地の上質さならサルーンということになるだろう。もしボクが後席住人として選ぶなら、後席の背もたれ角度の差、つまり旅客機のアッパークラスにあるフルフラットシートのように快眠できそうなミニバンを選ぶ。あれ、それってけっこう決定的な差だったりして。

 そうそう、熟睡するのではなく、リクライニングして後席エンタテイメントシステムでTVやDVDを観るという視点では、高級ミニバンというよりスポーツミニバンと呼んでいいオデッセイのプレミアムクレードルシートが優秀だ。背もたれが中折れし、寝ころんでも上体が前を向くシートである。寝心地も抜群である。

 多忙極めるVIPや芸能関係者にとって、車内移動中に仮眠・快眠できるか、できないかは大きな問題なはず。VIPでも芸能関係者でもないので想像ですが……。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 青山尚暉)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します