現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最近のクルマでも要注意! クルマの「錆びやすい」部分とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.1.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今どきのクルマでも錆びにくいだけで錆びないわけではない

 最近のクルマは錆びないと思っている方は多いかもしれない。地球に酸素がある以上、そしてクルマに鉄が使われる以上は錆びないということはなくて、正確には錆びにくくなってきているといったほうがいい。それに最新のクルマは当然のことながら作られたばかりで、将来のことは不明。これから錆びが発生するかどうかは現状ではわからない。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tou*****|2018/01/14 08:30

    違反報告

    余計な装備など要らないので、防錆に力を入れてほしい。日本から海外に輸出している車にはしっかり対策を施しているのに、国内用には手を抜く。
  • sqy*****|2018/01/14 09:03

    違反報告

    冬季間、東北の高速道路並びに有料道路は毎日のように凍結防止の為大量の塩を撒きます。積雪に対しては、塩水を撒き融雪している。交通安全のためだから仕方ないのだが、上記の道路を通過したら、車の下廻りは必ず洗った方が良い。愛車のためにも。
  • anu*****|2018/01/14 08:58

    違反報告

    最近の車だから錆やすいんですよね?
    リアフェンダーに塗膜が錆で膨れてきましたよ。
    メーカーもコーキングとチッピング塗装で対処したんでしょうけど、鉄板の合わせ目や裏側は手抜きですよね。