現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 溝が十分にあってもダメ? 劣化したスタッドレスで走るとどうなるのか

ここから本文です
業界ニュース 2018.1.13

溝が十分にあってもダメ? 劣化したスタッドレスで走るとどうなるのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴムの硬化で雪上や氷上でのグリップ力が下がる

 スタッドレスタイヤの寿命の目安となるのは、「摩耗(溝)・鮮度・ゴムの劣化(ひび割れ、硬化) 」の3点。摩耗に関しては、プラットフォームが露出するまではOK。逆にいえば、プラットフォームの露出=溝の深さが新品時の50%未満になってしまうと冬用タイヤとして使用不可となる。走行距離でいえば、ウインターシーズンだけの装着で、1万5000kmぐらいが限度だろう。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 鮮度も非常に重要で、タイヤが製造されてから(製造時期はタイヤのサイドウォールに刻印されている)、3~5年。新品を装着してから4シーズンぐらいが交換時期。そしてゴムの劣化。スタッドレスタイヤは、夏タイヤに比べてゴムが柔らかいというのが大きな特徴。この柔らかさが経年劣化で失われ、固くなってしまうと、雪上、氷上でのグリップ力は期待できなくなる。

 タイヤ専門店などにある、専用のゴム硬度計でトレッド面のゴムの硬さを測定し、硬度が60以上なら即交換。55~60で要注意。ちなみに新品のスタッドレスタイヤの硬度は、45以下といったところ。ひび割れの有無も非常に重要。

 走り方、メンテナンス、保管方法の良し悪しでかなり変わるが、とくに低い空気圧で走っていたクルマは、クラックが入りやすく、ゴムが弱っている可能性が大。溝があっても、タイヤにクラックが入っていたり、硬度が60以上のタイヤは、買い替えを検討したほうがいいだろう。

 ちなみにゴムの硬化やひび割れなどは、3シーズン以上使うと顕著になってくる。このように劣化したスタッドレスタイヤは、たとえ溝が十分残っていたとしても、雪上・氷上でのタイヤ性能はすでに半減している。

 つまり制動力、旋回性能、発進時のトラクションなどのタイヤの基本性能が、新品時の50%以下になっているということ。クラックなどは最悪バーストにもつながるので、タイヤだけは、とくにスタッドレスタイ ヤはケチケチせずに、安全最優先で早めに取り換えることをおすすめする。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • myk*****|2018/01/13 09:06

    違反報告

    15000キロで交換ってメーカーの回し者じゃん。
  • yyd*****|2018/01/13 08:53

    違反報告

    地元埼玉では年間に雪が降って積もる事があるか無いか程度。でも冬は一応スタッドレスを履いていますが、それを考えるとスタッドレスは高価なタイヤですね。もう少し安くなるといいのですが…
  • pap*****|2018/01/13 08:24

    違反報告

    劣化していても,速度を落とし,車間距離を余計に取っていれば問題ない。
    ノーマルタイヤで走る奴と比べれば,十分と言える。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します