現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「クジラ・サメ・ブタ」ユニークな愛称で親しまれたクルマ6選

ここから本文です
業界ニュース 2018.1.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今では見られないクルマが高嶺の花だった時代の愛称

 クルマというのが家の次に大切な存在で、可愛がられていた時代は愛称が付けられていることもよくあった。最近では、せいぜいノアヴォクとかアルヴェルなど、短縮系がせいぜいだが、歴史に残るユニークな愛称が付けられたクルマを振り返ってみよう。

 1)ダルマセリカ

 初代セリカのことで、丸目のライトや両端が切れ上がったバンパーなどがダルマに似ていたからこう呼ばれた。

 2)クジラクラウン

 保守的なイメージから一転して、大胆なスタイルとなった4代目クラウン。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く