現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディジャパン 2018年に新型A8、A7、A6を投入 ディーゼル投入は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.1.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディジャパンは1月11日、2018年の販売計画を発表した。新型A8、A7、A6と、RS4アバントも投入する。

アウディジャパンの斎藤徹社長は「2017年は新型A3、A5、Q5、Q2を投入し、特にQ2は300万円を切る価格で若者層からの人気を得られ好調。Q5も発売から3ヶ月で1000台を販売した。販売台数は2万8336台と、昨年の2万8502台と比較して前年割れしているものの、車両の供給不足によるもので、受注台数でいえば過去3年で最高だった」という。また認定中古車は過去最高の1万2167台を販売。「新車の販売と合わせてトータル4万台販売することが出来た」と述べた。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tra*****|2018/01/12 07:49

    違反報告

    外車販売が20年ぶりの最高を記録した昨年、アウディ販売の前年割れって痛すぎるな。
    しかも、Q2が売れてるとか、販売じゃなくて受注数なら前年増(なんだそりゃ?)とか、ウソばっかり。
  • te1*****|2018/01/12 09:27

    違反報告

    >無理に販売台数を増やすことで中古車の相場が低下するようなことを避けたい

    出た。グループのポルシェと同じ少量供給による枯渇商法。(フェラーリの伝統芸)
    「所詮」アウディであり、ドイツ本国では大衆車という認知なのだから、
    ワーゲンのように広く売ったら?
    全国の販売店が泣いてますよ。売るものが無いって。
    受注量は前年増で販売量は減少というのも頷けます。
  • tak*****|2018/01/11 21:18

    違反報告

    アウディのディーゼル投入はパサートのTDIの売れゆき次第って感じかな?