現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ/トヨタ:米国アラバマ州に合弁新工場を建設

ここから本文です
業界ニュース 2018.1.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダとトヨタは、2017年8月に発表した米国における合弁新工場を、アラバマ州ハンツビル(Huntsville)市に建設することを決定した。10日、アラバマ州において、同州のケイ・アイヴィー(Kay Ivey)知事、ハンツビル市のトミー・バトル(Tommy Battle)市長、マツダの小飼雅道代表取締役社長兼CEO、トヨタの豊田章男代表取締役社長らが記者会見を行い、発表した。

新工場の生産能力は年間30万台を予定し、マツダ・トヨタ向けの各生産ラインで、マツダが北米市場に新導入するクロスオーバーモデルとトヨタの「カローラ」を15万台ずつ生産する。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く