現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本のSUV史に残る名車(迷車?)5選

ここから本文です
業界ニュース 2017.11.17

日本のSUV史に残る名車(迷車?)5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その(1):トヨタランドクルーザー

日本が世界に誇る名車1台目は、トヨタランドクルーザーです。1951年、当時の警察予備隊(現・自衛隊)への納入を狙い開発されたトヨタジープBJ型に端を発し、1954年に商標権の関係で現在のランドクルーザーに改名されました。
正真正銘、道なき道を走行できる高い悪路走破性能を誇るランドクルーザーは、発展途上国から先進国まで、世界中で愛されている点が名車たる所以です。
ただし、あまりの人気ぶりに盗難車No.1になってしまうというオーナーにとっては大きな悩みもありますね。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ


その(2):トヨタハリアー

トヨタハリアーは、1997年に発売開始され、今年で20周年を迎える自動車界の新参者ですが、その影響は自動車のトレンドを変えてしまうほどでした。
どんな影響を世界に与えたのかと言えば、現在全世界的に流行中のクロスオーバーSUVブームの火付け役だからです。
ハリアーの成功を目の当たりにした他メーカーが、次々とクロスオーバー車を市場に投入したのは記憶に新しいところ。あまりの人気ぶりに、これまでSUVとは縁がなかったロールス・ロイス、ベントレー、ジャガーなどプレミアムブランドからもクロスオーバー車が発売されるほどです。
現在の名車と言って差し支え無いでしょう。
その一方で、ハリアーには迷車ぶりを思わせる一面もあります。それは2代目から3代目に移行する際の混乱です。
2代目モデルは、北米でレクサスRXとしても販売され、人気を博しました。その人気ぶりは本家ハリアーを凌ぐほどで、ハリアーはモデル縮小を余儀なくされます。一方、RXは本家とは別に単独でモデルチェンジを実施。3代目がデビューしたことで、多くのファンはハリアーの消滅を覚悟しました。
ところが、RAV4のシャーシを使用してハリアーが復活。従来型よりひと回り小型にダウンサイジングされた3代目の現行モデルをベースとしたレクサス版NXもデビューします。
あまりの人気ぶりに社内のブランド構成にも影響した存在のハリアーは、間違いなく迷車でもあります。


その(3):いすゞビークロス

1997年にいすゞが発売したビークロスは、まごうこと無く迷車です。しかし、コンセプトカーの”ヴィークロス”は、名車の資質十分でした。
”ヴィークロス”は、3代目ジェミニのコンポーネントを流用した全天候型のコンパクトスポーツSUVとして企画され、チーフデザイナーは現・日産自動車デザイン本部長の中村史郎が務めたモデルでした。
もしもヴィークロスが市販されていれば、世界初のオンオフ両用のスペシャリティクロスオーバーSUVとして注目されたことでしょう。
しかし、そのヴィークロスの好評ぶりを受けて実現した量産にうつされたビークロスは、迷車でした。
デザインはコンセプトカーを忠実に再現しようとしていましたが、実際にはコンポーネントがジェミニではなくビッグホーンに変更されたため、小型ではなく大型車になり、ヴィークロスのデザインの再現は細部では実現しませんでした。さらにコンセプトも変更となり、クロスオーバーではく本格的クロカンへとなります。要はかっこいいビッグホーンになってしまったのです。
結局、市場での評価は芳しくなく、2年間で日本市場で販売されたのは約1,700台に留まりました。


その(4):三菱アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダーPHEVは、SUVにプラグインハイブリッドを導入したエポックなモデルです。
2012年の発売当時、世界でもっとも優れたPHEVと評価され、現在でも同車を超えるPHEVは存在しないと筆者は思っています。なにがすごいかというと、1台でEV、シリーズ式ハイブリッド、パラレル式ハイブリッドを実現している点です。
EV走行可能距離もPHEVとしては長く、60.2km。通勤主体の運用なら、ガソリン給油は月に1度あるかないかとのこと。総合燃費が67km/Lを実現している点もポイントです。
アウトランダーPHEVの優秀さは、2016年にウクライナ警察がパトカーとして651台を採用したことでも実証済みです。


その(5):スズキジムニー

2018年にモデルチェンジされると噂のスズキジムニーも名車にして迷車です。
ジムニーの名車ぶりは、軽自動車ながらラダーフレームとパートタイム4WDを備えた本格的オフローダーであることです。小型ボディならではの林道走行や、軽量ボディならではの悪路走破は大型SUVにもひけを取りません。
迷車である点は、現行モデルは1998年に登場して以来、基本的には20年前のモデルであることです。まだエアバッグや衝突安全ボディが安全対策の主流であった時代のモデルであるため、2017年になっても運転支援装備や自動運転などの電子制御デバイスとはほぼ無縁なのです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe 編集者)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2017/11/16 18:04

    違反報告

    クロスオーバーSUVブームの火付け役は、ハリアーよりも3年も早く発売されていたRAV4だったと思うが…
  • kan*****|2017/11/16 21:10

    違反報告

    SUVの迷車でとどめを刺すのは、スズキX-90だと思う。

    あと、ホンダエレメントも負けず劣らずかなあ。
  • lap*****|2017/11/16 18:33

    違反報告

    ここでいう迷車というのは「優れたクルマだったが、どこかオチがあった」ということかな?

    そういうことであれば、初代RVR・スポーツギアはこの範疇に入るかも知れない。
    使いやすいリアスライドドア、当時は珍しいロングスライドシート(リア)、高出力のガソリンエンジンや直噴ディーゼルも選択可能。さらに4G63ターボを搭載した「ハイパースポーツギア」や「オープンギア」までラインナップし、時代の先駆けとなった名車だった。
    しかし、先駆け過ぎたのが、RV衰退とともに一時消滅し、しばらく時間をおいて登場した3代目は、いたってノーマルのSUVの迷車になった。
    新しく登場する「エクリプス・クロス」が、もしリアスライドドアだったら、新たな客層を獲得できたかも知れない。ちょっと残念……

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します