現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【フランクフルトモーターショー2017】ドイツの最新チューナーズコンプリート15

ここから本文です
業界ニュース 2017.10.13

【フランクフルトモーターショー2017】ドイツの最新チューナーズコンプリート15

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラバス、イムサ、カールソン、スターテック…… 垂涎のコンプリートカーがズラリ

夢あるコンセプトや現実的な問題を解消する新型車が数多く発表された一方で、チューナーたちの自信作も展示された「フランクフルトモーターショー2017」。 今回、「Auto Messe Web」では気合いの入ったチューナーズ・ブランドのデモカーをピックアップ。インポートカー雑誌「af imp.」協力のもと、注目の15台をレポートしたい。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

『BRABUS』  ~ブラバス~

威風堂々メルセデスチューナーの雄

創立40周年を迎えたメルセデス専門チューナーのブラバス。 パワフルなエンジンスワップと豪華な内装、他を圧倒するボディメイクを得意とする。人気のGクラスをベースとする900 “ONE OF TEN”や、Sカブリオレがベースの”ROCKET 900 Cabriolet”、さらに現行型ブラバススマートのEV版が初披露された。

『900″ONE OF TEN”』

6.3ℓV12ツインターボを詰め込んだメルセデスベンツGクラス。 従来モデルよりも高出力化しているため、カーボンボンネットも巨大なものに。0-100km/h加速は3.9秒、最高速は270km/hとGクラスとは思えない数値をマーク。世界最速級のSUVだ。

豪奢な室内の仕立てはブラバスの得意とするところ。デモカーでは白×黒のバイカラーだが自由にコーディネイトが可能だ。ルーフはロールスロイスが採用している星空風のLEDライティングとなる。

引き上げられたパフォーマンスに対応するため、インテークはボンネットごと新設された。吸気容量は従来型よりも圧倒的に増えているとか。

片側6cmワイドになったフェンダーに収まるのは11.0J×23インチのモノブロック”プラチナムエディション”。タイヤは、アドバンスポーツV105。

[ココに注目!] 900HP/1500Nmという恐ろしいまでのパワーを発揮する6.5ℓV12ツインターボユニット。吸気、冷却、排気とすべてを見直している。

『ROCKET 900 Cabrio』

ブラバスの代名詞となったROCKETシリーズの最新作、Sカブリオレ。 6.3ℓV12ツインターボで0-100km/h加速は3.9秒、最高速は350km/hという超過激なスペックを誇り、優雅にも攻撃的にも走れる究極の1台となった。

ホワイトレザーで美しく仕立てられたカブリオレ。インテリアのあらゆるオーダーにも対応してくれるのがブラバスのカスタム流儀。

ONE OF TENと同じエンジンなのでスペックも同様。7速ATは高出力に対応するようにチューニングが施され、LSDも備わる。

[ココに注目!] 超ハイパワーを受け止める21インチの鍛造ホイールは鈍く光るフィニッシュ『シャドーグレー』が実に美しい。サイズはフロント9.0×21、リア10.5×21インチとなる。

[Ultimate E Concept]

EV仕様のスマートをベースに、ブラバスがUltimateチューニングを施したのがコレ。 204hp/350Nmを発揮し、0-100km/h加速はなんと4.5秒、最高速は180km/hとスポーツカー顔負け。22kWhのリチウムイオンバッテリーにより160kmの走行が可能となっている。

ビビッドなイエローと深いブルーのコンビネーションによるインテリアの張り替えが美しい。ポップだがまとまっているのがいかにもブラバスらしい仕立て。

ボディはWideSterのものと共通のため、前後フェンダーは拡大されている。収まるのは7.0×18インチのモノブロックY。

[ココに注目!] 本来エキゾーストエンドが配置される場所には、マフラーカッターを模した3連イルミネーションが備わる。カラーも変化するという遊び心も忘れない。

『BRABUS CLASSIC』

文化としてオールドメルセデスを遺す

すっかりブラバスを支える屋台骨のひとつとなったクラシック部門。徹底した内外装と機関部のレストレーションにより、走行距離は0kmで売却される。 いわば数十年ぶりに甦った新車というわけで、確かに値付けは高額だが引く手あまたのようだ。

いわゆる60~70年代のタテ目が中心となる。280SLや220SEカブリオレなどが、新車の状態で提供される。往年のメルセデスファンはたまらないだろう。

フレームまですべてバラされて部品のあるものは新品に置き換えられたベンツSL。徹底した緻密なレストレーションにより再び名車が現代の路上に甦ることになる。



『IMSA』 ~イムサ~

メルセデス専業へと華麗に転換

ランボルギーニのレースとアフターパーツ開発を手掛けていたIMSAだが、メルセデス専門チューナーとして生まれ変わった。 その皮切りにAMG GTベースのコンプリートRXR ONEをデビューさせるなど、その勢いは十分。いつか現地取材を行ないたいチューナーだ。

『RXR ONE』

外板はドライカーボンに置き換えられ車重は1.3トンを下回る超軽量さ。 搭載エンジンは860HP/1000Nmまでチューニングされており、パワーウエイトレシオはなんと1.5ps/kg。あのブガッティ・シロンに肉薄する驚愕の数値を叩き出す。

RXR ONEを製作するにあたり、ボディ外板を剥ぎ取ってドライカーボン製パネルに換装。高張力鋼板ボディとの接合部分は実に美しい。

大ぶりなディフューザーとGTウイングが備わるリア周り。フロア下もフラット化されており、空力性能は格段に向上しているという。

軽量化のためにボンネットもカーボン化。ハイチューンなV8ツインターボを搭載するため、クーリングと空力用に巨大なエアダクトが備わる。

[ココに注目!] オリジナルの鍛造ホイールを装着するRXR ONE。フロント12.0×20、リア12.5×20インチを収めるために、ボディはドライカーボン製のフェンダーによって拡大されている。

『S720 Biturbo』

最新のSクラスに向けたプログラムもお目見え。 4ℓツインターボをベースに720HP/990Nmまでチューニングしたエンジンを搭載。さらに上級モデルとして790HP/1180Nm仕様も用意される。ボディパーツのデザインも個性的。

ボトムに適度な重厚感を与えるディフューザーとテール。他にはないデザインで、Sクラスをさらに個性的に変身させている。

[ココに注目!]

バンパービルトイン型のテールが増えてきているが、IMSAのテールデザインはかなり独特。ひと目でそれとわかる個性的なデザインとフィニッシュで魅了する。

IMSAオリジナルの軽量鍛造ホイールCRIIを装着。サイズはフロント9.0×21、リア10.5×21インチ。独自企画なのでデザインも個性的。所有欲をくすぐってくれるホイールといえるだろう。

『G720 Biturbo Convertible』

メルセデスベンツGクラス・カブリオレをベースに、730HP/1160Nmまでチューニングした5.5ℓV8ツインターボエンジンを搭載。 カーボン製のワイドボディにインテリアはレザーで張り替え済み。この車両のためだけにあつらえられたファイナルモデルである。

立体的な意匠が施されたボンネットもボディ同様にカーボン製。IMSAのGクラスであることを印象づける仕掛け。 複雑な造形のマフラーカッターは、Sクラス用と似ているがディテールは異なる。マットな表面フィニッシュが個性的。

[ココに注目!] カーボン製ワイドフェンダーにジャストな11.0×22インチの鍛造ホイール。こちらもIMSAオリジナルで、ユニークなデザインに描かれていた。

代表のHolger Mohr社長。AMG GTをベースにしたコンプリートRXR ONEは自信作とのことだ。



『Carlsson』 ~カールソン~

チューナーの名門は新作ホイールを発表

以前本誌でレポートしたSカブリオレベースのコンプリート”Diospyros”を展示したカールソン。優しいグリーンと落ち着いたインテリアが特徴的。同時に新作ホイールも発表した。

『Diospyros』

中段の2本が新作となる1/10 Evo TE/DE。5スポークを2つ組み合わせた伸びやかで美しいデザインに。Diospyrosが履く1/12 Evo BEも展示。

『AKRAPOVIC』 ~アクラポヴィッチ~

レースからストリートまでを席巻

DTMを走るM4のエキゾーストも同社製。その他WECなどにも供給するなど、レースでの性能が高く評価されているのが、アクラポヴィッチだ。

『M4 DTM』

『911Turbo』『488GTB』

純正よりも3~4割の軽量化となるチタン製エキゾーストシステム。 最新スポーツモデルへのマッチングも完了している。カーボンディフューザーやテールも自社生産でクオリティが高い。

『STARTECH』 ~スターテック~

今年はSUVのみをラインアップ

クライスラーのメイクから始まったブランドだが、今ではレンジローバーやマセラティ、ベントレーなどをターゲットとした高級ブランドへと変貌を遂げている。 母体のブラバスが開発しているため、クオリティは抜群に高い。ユニークなデザインも人気だ。

『Discovery』

今回お披露目されたのは、新型ディスカバリー用のプログラム。オンロードの素質を見抜いてエアロメイクが施されており、ボリューム感のあるデザインは唯一無二に。 SUVで、独自路線を歩むスターテックならではの出来映えといえる。

大型のディフューザーと個性的なフィニッシャーがセットになったリアアンダー。 SUVらしくストーンガード的な表現も加わっている。

[ココに注目!] センターロック風のデザインが与えられたホイール、モノスターM。10.0×22インチでオンロード向けのセットアップだ。

『Bentayga』

マッシブなボディをさらにワイドにする新作。ルーフにLEDライトを追加し、さらにスポーティさに磨きが掛かった。個性的なディテールが、ベンタイガをユニークな存在に変えてくれる。

鍛造のモノスターSは10.5×23インチという強烈なサイズ。ブレーキキャリパーには英国風のカラーリングが施された。

『Levante』

マセラティ初のSUVもスターテックの手に掛かればご覧の通り。 グリーンの差し色がカスタムマインドを引き上げる。パーソナライズの範囲が広がってきているのも嬉しい限り。

モノスターMと呼ばれる新作ホイールは、細身のスポークを立体的にレイアウトしたもの。カラープログラムも始まっている。サイズは10.5×21インチ。

[リポート:af imp.編集部]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『af imp編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します