現在位置:carview! > ニュース > 業界ニュース > 「カスタム車=DQN」に見られないためのマナー講座

ここから本文です
業界ニュース 2017.9.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「イケないことはわかってるけど…」 そんなオーナーさんは要注意です!

DQNとは、軽率そうな者や実際にそうである者、粗暴そうな風貌や実際に粗暴な者、非常識な者を指す(一部省略・ウィキペディア調べ)。 例えば、”おでんツンツン”や”通学路でホーン”といったオラオラな迷惑行為もひとつだが、クルマの世界では「DQNカー」という言葉も存在する。これは「ドレスアップやカスタムを施した改造車」を指し、特にイジり方が極端/過激であること。ド派手なカスタム&チューニング車の一部は「DQNカー」に映ってしまっているのが現状だ。センスこそ重要とはいえ、所詮は自己満足の世界。ドレスアップ&チューニング車オーナーにとっては、まったくもって余計なお世話である。しかし、一部の運転行為が、さらに負のイメージを高めていることも。無闇にホーンを鳴らしたり、煽り運転をしたり……。 決してカスタム車両ばかりではないが、目立つクルマゆえ行為そのものも目立ってしまっている気がする。このように見られないようにするには「マナーやモラル」が重要だ。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く