現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アコードツアラーをUS仕様でクールに魅せる!!【カスタム・マイナー車選び】

ここから本文です
業界ニュース 2017.8.11

アコードツアラーをUS仕様でクールに魅せる!!【カスタム・マイナー車選び】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

希少な国産ステーションワゴンへ スマートに飾るカスタマイズ提案

クルマ好きならば、愛車を探す時って最高に幸せだと思う。買ったらどうイジろうか、どんなパーツを買おうか、こんな仕様にしたい、などカスタムまでを考えると妄想は膨らむばかりですね。 しかし、人気車ではライバルが多い。そこで個人的に推奨したいベース車が、あえて逆手にとった”マイナー車”。 絶対数が少ないからこそ街中で輝きやすく、少しのアレンジでも目を惹きやすいと思うのです。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

さて、ワタクシ”ちんサブ”がオススメするマイナー車選び。記念すべき第1回目はホンダ「アコードツアラー」編です。

日本では、初代モデルから3代目まで『アコード・ワゴン』でしたが、4代目で欧州仕様と同じ『アコードツアラー』に名称を変えて、2008~2013年に販売されました。 全長4730mm×全幅1840mm(スポーツスタイルは1850mm)の堂々とした風格は、まさに欧米を意識。精悍なフロントマスク、スタイリッシュなボディフォルムもホンダらしいといえます。 そんな『アコードツアラー』も販売から10年が経とうとしてますが、いま見ても美しいデザインだと思いません?主力エンジンは、i-VTECを搭載するK24A型2.4リットル直4。滑らかにシフトする5速ATを組み合わせて上質な走りも魅力。 上級グレードでは、車速・車間制御システム「ACC」、追突軽減ブレーキ「CMBS」、車線維持支援システム「LKAS」など、現代にも通用する安全装備も標準装備されてました。



『アコードツアラー』いくらで買える!?

2013年に国内販売を終了したので、当然ながら中古車しか購入できません。 気になる中古車価格ですが、某大手のサイトで調べた結果、29.9万円~239.9万円(2017年8月8日現在)。価格差の開きがありますが、相場は150万円といったところでしょうか。不人気色ならば、走行5万キロの事故歴なしで120万円ほどで買えちゃいます。 当時の新車価格は、上級グレードで412万円。先代モデルよりも約70万円、さらにセダンよりも30万円ほど高額なステーションワゴンだったのですね。

「華麗なる足元」と「USDM」がキーワード

そして『アコードツアラー』のカスタムだが、マイナー車種ゆえにドレスアップ系パーツが少ないのも事実。エアロパーツなども皆無ではないけど、数少ないために他のユーザーと被ってしまう可能性も。もちろんデザインが気に入れば買うべきですが、オススメは”足元を魅せる”というイジり方です。 フロントにダブルウィッシュボーン、リヤにマルチリンクというサスペンション構造は、車高を落としやすく比較的にワイドなホイールが履かせやすい。アーム類を追加すれば、さらに美しい肢体を描けるのも『アコードツアラー』の武器なのですね。

写真のような国産スポーツホイールはスタイリッシュなボディと似合うし、USブランドとも相性はバツグン。この”US”は、のちに登場するUSDMと関係してくるのでお忘れなく。 なお、ホイールは懐の深さを生かし、奥行きのあるデザインを選ぶとカッコいいですよ。

そして、”足元を魅せる”以外のポイントとしてオススメなのが、「USDM」というイジり方。 これは、アメリカで販売されている純正品(一部カスタムパーツ)を用いて、US仕様に似せたカスタムジャンルのこと。アコードツアラーでいえば北米仕様の「アキュラTSX スポーツワゴン」ですね。 日本仕様とは異なるデザインだけでなく、”アキュラ”というブランドネームもステータスを感じるのではないでしょうか。 下の写真が北米で販売されていた「アキュラTSX スポーツワゴン」。カッコいいですね。

さて、このUSDMで最も身近でメジャーなのは、ヘッドライトとテールランプ。ココをUS純正「アキュラTSX スポーツワゴン」用に交換するだけでも、本場の空気感が楽しめます。

USDM、いわばアキュラTSX スポーツワゴン化を極めることで、本場さながらのオーラを発揮させることも可能。それがコチラの超リアルUSDM仕様。

ヘッドライトとテールランプはもちろん、特徴的なフロントグリル、バンパー、ドアミラーをUS純正に。また、フェイスまわりはTSXセダンを踏襲。さらにオーナーでさえ区別が付きにくいアンテナやリアゲートまでも”TSX仕様”に仕立てたのです。

しかも、北米仕様の”アキュラTSX”はサンルーフが標準装備ですが、アコードツアラーのサンルーフ付き車は激レア。オーナーがサンルーフ付きを選んだのもリアルUSDMを意識したコダワリというワケです。

ホイールはUS鍛造ライクな『ブロケイド BL05』をセットし、足元を魅せることもしっかりと実践。 インテリアはメーター(マイル表示)、ステアリング(アキュラエンブレム付き)、インパネなども当然ながらUS仕様に。ウインカーレバーとワイパーレバーも日本とは違って左右逆になのが分かりますよね。 もう、ココまでくれば現車(アキュラTSX)1台が買えちゃうレベルですが、あえて右ハンドルの「アコードツアラー」で実践したことが素晴らしい。

ベース車選び、順当にいけばカスタムパーツが豊富な人気車種でしょう。 オーナー同士はお互いに刺激となるうえ情報交換も盛んなので、選択肢としてはアリかもしれませんが、ライバル多数からこそカスタマイズしても”埋もれる”リスクがあるワケです。

「別にコンテストで賞を取りたいワケでもないし、自己満足の世界なんだから放っておけよ!」と叱責されるかもしれませんが、タマ数が少ないマイナー車だからこそ個性も引き立ちやすいと思うのです。

少しずつ復権しつつも、まだまだステーションワゴンは低迷期。 スバルやマツダにも素晴らしいカスタムベースはたくさんありますが、ホンダらしいフォルムをUSDMで飾ってみるのも悪くないですよ。あくまでもゴチャゴチャせず、スマートに。

それでは、節度とルールを守って楽しいカスタマイズライフを!!

(レポート:ちんサブ)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します