現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニッポンの名車】ボディの小型化で軽快さを取り戻した日産S15型シルビア

ここから本文です
業界ニュース 2017.4.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スポーツチューンドボディ」の謳い文句に恥じないボディ剛性

S15シルビアは、1999年1月に7代目シルビアとしてデビュー。兄貴分のスカイラインも、同じく1999年1月に、R34GT-Rが発売になった。両者とも先代のS14とR33は、車体が大きくなって不評を買い、1999のフルモデルチェンジで、ダウンサイズ化を敢行。

S15シルビアでは、全長で75mm、全幅は35mm、全高を10mm縮めて、再び5ナンバーサイズとなり、軽快な運動性能を取り戻した。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く