現在位置:carview! > ニュース > 業界ニュース > 2016年グローバル販売 トヨタ首位から転落

ここから本文です
業界ニュース 2017.1.30

2016年グローバル販売 トヨタ首位から転落

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンに一歩及ばなかった。
トヨタ自動車は30日、2016年のダイハツ工業、日野自動車を含む世界販売台数を発表した。グローバル販売台数は前年比0.2%増の1017万5000台で、フォルクスワーゲンの1031万2400台に一歩届かなかった。

トヨタ自動車が首位から転落するのは5年ぶり。フォルクスワーゲンは2015年にディーゼル車のスキャンダルで販売を減らしたが2016年は回復し、前年比3.8%増と大幅に伸ばした。特に中国で12.2%増と大きく伸長した。

    マツダがこだわる“躍度”とは? 運転が気持ちよいと感じるには理由があった

一方、トヨタ自動車も海外生産は過去最高となり好調だったが、輸出台数の減少や国内での軽自動車販売の伸び悩みが響いた。

ちなみにブランドごとのグローバル販売に占める国内販売の割合は、トヨタが17.6%、ダイハツは75%、日野は37%で、グループ全体では約22%だった。

(carview! 編集部)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2017/01/30 16:56

    違反報告

    個人的には…どこかの党首の発言じゃないが、必ずしも1位じゃなくてもいいと思う。
    そこは一般市民からすれば重要ではない。

    自分の命を預けられる車に乗る、
    自分の信頼のおける車(メーカー)に乗る、
    自分の(家族の)用途に合った車に乗る、
    自分が欲しいと思った車に乗る、
    自分の懐に見合った車を買う。

    それでいいんだと思う。
  • auc*****|2017/01/31 02:47

    違反報告

    上海大衆が売り上げを伸ばしのが一因とあったが、やはりグローバルで通用する車作りで後れを取っていると思う。軽四が売れるのは維持費が安いからで、それに相当するのがヨーロッパにおけるディーゼル車でガソリン車と全く維持費が異なる。燃費の問題ではない。ハイブリッドと騒いでいるがそれは燃費の観点からしか見ていない。米国も州別にトヨタ車の比較をしてみてはどうだろうか?
    まだまだグローバルな視点で車作りができないと思う。日本はアメ車を締めでしていると言ってる人がいますが、同じ観点でTOYOTAを買わない人もいる。日本や一部アメリカに向いてのみの車作りをしてませんか? 最近は米国でも通用しないデザインで車作ってるし、1位の座から落ちて当然かと。販売台数1位を目指すのではなく欲しい車、乗りたい車のNO1を目指してほしいですね。
  • max*****|2017/01/31 02:34

    違反報告

    そりゃな、一位になって利益上げないとVWは会社がもたないからな 度重なる罰金と賠償金、利益は一位とは誰も言っていない

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します