現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > あおり運転などのトラブル対策に後方撮影専用ドライブレコーダーを追加する! JVCからエブリオ「GC-BR21」が発売〈JVCケンウッド〉

ここから本文です
カー用品 2019.11.14

あおり運転などのトラブル対策に後方撮影専用ドライブレコーダーを追加する! JVCからエブリオ「GC-BR21」が発売〈JVCケンウッド〉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JVCケンウッドは、JVCブランドからドライブレコーダー「Everio(エブリオ)」の新製品として後方撮影専用モデル「GC-BR21」を2019年11月下旬に発売する。価格はオープン。

今回発売するエブリオ「GC-BR21」は、後方からの追突やあおり運転などの記録に対応するリヤ専用のドライブレコーダー。8mのロングシガープラグコードと熱線を避けるスリット入り粘着テープ付き取り付けブラケットを付属し、リヤガラスへの設置に適した仕様としている。車両後方の映像を、高精細なフルハイビジョン(1920×1080)で記録できる。

    リレーアタックを賢くスマートに防ぐ。ケンウッドがリレーアタック防止用スマートキーケース「CAX-SC1」を発売

Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンなどで撮影した映像をすぐに後方の状況を確認できるほか、映像を選んで転送もできる。

すでにフロントにドライブレコーダーを設置している人でも、手軽に追加ができるようにラインアップに加えた。JVCブランドから発売されているフロント用ドライブレコーダー、エブリオ「GC-DR20」(2019年7月発売)と組み合わせて設置すれば、前方・後方ともに運転状況の高画質記録が可能となり、運転時の安全・安心をより広範囲でサポートする。

後方専用。Wi-Fiを搭載し、スマホで確認できる

エブリオ「GC-BR21」は、ダッシュボードなど離れたところから電源を取っても、リヤガラスまで届くように8mのロングシガープラグコードを付属しているほか、リヤガラスの熱線を避けるように取り付けブラケットにはスリット入りの粘着テープを採用している。

Wi-Fi機能を搭載するので、「GC-BR21」で撮影した映像をカメラ本体からSDカードを抜くことなく、スマートフォンなどへ転送可能。万が一の際には、スマートフォンの画面で映像を見ながら状況を確認できる。専用のスマートフォン/タブレットアプリ「JVC Dashcam」を用いてWi-Fiでダイレクト接続すれば、「GC-BR21」に記録された映像をそのまま再生可能。さらに必要な動画ファイルを選んでスマートフォンに転送することもできる。「GC-BR21」とアプリを接続すれば日時も自動で設定される。ちなみに専用アプリ「JVC Dashcam」は、フロントカメラ用ドライブレコーダー「GC-DR20」にも対応しており、どちらにも使える。これと「GC-BR21」を同時に装着した場合も、アプリひとつで両カメラをコントロールできる。

「GC-BR21」には2.0型カラー液晶モニターを搭載するで、取り付け時の画角が容易に確認できる。モニターは1分間操作がないと消灯するので、後方確認時に画面の映像が気になることもない。

1/2.7型211万画素フルカラーCMOSにより、高精細なフルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで鮮明に記録する。最大記録画角は水平約114°、垂直60°、対角約145°で、後方撮影に十分な広い画角となっている。

Gセンサーを搭載し、衝撃を検出した10秒前から50秒後までを録画。映像は上書きがされない「イベント」フォルダに保存される。このほか、フレームレートを27fpsとして全国のLED信号機の無点灯記録を防止。急激な明るさの変化に強いWDR(ワイドダイナミックレンジ)の搭載や、地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計が施されている。

パッケージには、高耐久タイプのマイクロSDカード(8GB)やクルマに貼り付ける「録画中」ステッカーも付属する。

[GC-BR21のおもな仕様]

〈ハード仕様〉

・電源電圧:DC5.0V(12/24V車)
・消費電流:500mA(最大1A)
・GPS/Gセンサー:ー/あり
・モニターサイズ:2.0型フルカラーTFT液晶
・最大記録画角:水平約114°、垂直約60°、対角約145°
・撮像素子:1/2.7型211万画素フルカラーCMOS
・F値:F2.0
・動作温度範囲:-10度~+60度
・地デジノイズ対策:あり

〈撮影関連仕様〉

・記録解像度:1920×1080(約200万画素)
・フレームレート:27fps
・記録機能:常時録画/イベント記録
・常時録画(ファイル単位):2分
・イベント記録(時間):衝撃検出前10秒・検出後50秒
・音声記録:あり(オン/オフ可)
・動画フォーマット:MP4(H.264)
・画像補正:WDR(ワイドダイナミックレンジ)
・記録映像再生方法:本体、専用Wi-Fiアプリ、スマートフォン標準の動画アプリ、Windows標準のWindows Media Playerなど
・記録メディア:マイクロSDHCカード8~32GB(クラス10以上)

〈端子〉

・USB:Micro-B

〈Wi-Fi機能〉

ライブビュー、動画の再生と転送、各種設定

〈寸法など〉

・外形寸法:幅約63mm × 高さ約51mm × 奥行き約28mm
・重量:約61g(マイクロSDHCカード含む。ブラケット、ケーブル含まず)

〈付属品〉

・マイクロSDHCカード(8GB、高耐久MLCタイプ)/シガープラグコード(約8m)/取り付けブラケット(熱線よけスリット入り両面テープ:貼り付け済み)/「録画中」ステッカー

■価格:オープン(市場想定価格は1万6368円前後)

■発表・発売:2019年11月14日発表・11月下旬発売予定

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの

<問い合わせ>
JVCケンウッド

TEL:0120-2727-87

https://www.jvckenwood.com

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(driver@web 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します