現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 第2世代のスカイラインGT-R乗りに朗報! 価格高騰中のエアフローセンサーはリフレッシュ可能

ここから本文です
カー用品 2019.10.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20年以上乗り続けるため電子制御ユニットの性能保持

 季節の変わり目は体調を崩す人が少なくないが、クルマだって同じこと。夏の間に酷使され、熱にやられた電装品が悲鳴を上げて、ご機嫌斜めになるのもこの季節。90年代のクルマ、とくに第2世代GT-Rと呼ばれるRB26DETT型エンジンを搭載したR32~R34型のスカイラインGT-Rは、とある特有の症状が出てくる。それはエアフロ(エアフロメーター)やFPCM(フューエルポンプ・コントロール・モジュレーター)のトラブル。比較的メジャーで、20年以上乗り続けているオーナーならば一度は経験しているはずだ。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン