現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > エンジンを傷付ける可能性も? クルマの「フラッシングオイル」効果とリスク

ここから本文です
カー用品 2019.10.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効果は高いが場合によって弊害もある

 カー用品店に行くとエンジンオイルの売り場に置いてあるのが「フラッシングオイル」というもの。エンジン内部を洗浄して汚れを取り除くオイルなのだが、燃費やパワーが上がるメリットを謳われるのと同時に、エンジンを傷めるリスクがあるという意見も少なくない。両者が主張する根拠は何なのか改めて検証してみよう。

    愛車を一ヶ月に一度チェックするだけで安心・安全になる4つのポイント

 まず最初にフラッシングについての基本から。方法はいくつかあるが洗浄効果のある添加剤などを使い、内部に溜まったカーボンやスラッジといった汚れを落とし、エンジン本来の性能を取り戻すのが目的だ。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン