現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 「さすがは時代の寵児!」リバティーウォークの86(ZN6)ワークススタイルがカッコ良すぎる件!

ここから本文です
カー用品 2019.6.26
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リバティーウォークらしいネオ・ワークススタイル!

旧車のやんちゃイメージを投影する拘りの造形

    「さすがは時代の寵児!」リバティーウォークの86(ZN6)ワークススタイルがカッコ良すぎる件!

今やカスタムのジャンルとしても確立されているワークスボディ。昭和世代のカスタムをモチーフとしたフェンダーの造形は、国内外の多くのファンから高い評価を受け、チューニングカーからスーパーカーに至るまで様々なボディキットも生み出されている。

そんなワークスボディをいち早く手がけ、シャコタンのキーワードとともに世界に発信していったメーカーこそ、リバティーウォークだ。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン