現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > デイズとは何が違う!? 話題のデリカ面の軽自動車 三菱 eK X&ekワゴン【新型車レポート】

ここから本文です
カー用品 2019.5.12

デイズとは何が違う!? 話題のデリカ面の軽自動車 三菱 eK X&ekワゴン【新型車レポート】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新型車レポート】
新eKは意匠も機能も全面進化
デリカ顔のeKクロスにも注目
MITSUBISHI/eK X&eK WAGON
三菱/eKクロス&eKワゴン
2WD=B33/34/35系、4WD=B36/37/38系

フルモデルチェンジされたeKワゴンの注目点は、従来のeKカスタムに代わり設定されたeKクロスだ。

    黒は黒でもこだわりが違う「漆黒の輝き」 特別な色とレイズの技術が交じり合うプレミアムなホイール

eKクロスの外観は先日マイナーチェンジを行ったデリカD:5にそっくりのマスクを採用して、強烈な存在感を発揮。eKクロスにだけオプション設定されたルーフレールを装着した姿は、まさに小さいデリカD:5だ。

eKクロスはデイズのハイウェイスターと同じように簡易式のハイブリッドを搭載し、ターボエンジンも選べる。上品な顔付きのeKワゴンはデイズとの違いが少なくなり、幅広い人にマッチするデザインになった。

日産ではプロパイロットと呼ばれる高速道路同一車線自動運転技術は、eKではマイパイロットと呼ばれオプションで用意されている。ただ、デイズでは標準タイプではプロパイロットの設定がなかったが、eKではクロスとワゴンの両方でマイパイロットを選択することができる。

eKクロスは厚みのあるマスクのため全高が高く見えるが、足回りはデイズも含めて共通。最低地上高も同じだから、残念ながらeKクロスでも特に悪路走破性が高いという訳ではない。eKシリーズ独自の装備はデジタルルームミラーがオプション設定されていることと、2WDでも寒冷地仕様が標準になっている点。

eKクロスは外観の派手さから早くも話題を集めており、デイズ同様に先進安全装備も軽最高水準に進化しているので、軽ハイトワゴンクラスの台風の目になりそうだ。

ek X


ek WAGON


デリカD: 5で採用された、最新のアグレッシブフェイスを採用。最上段にポジション、四角いレンズは上からロー×2、ハイ、ウインカーだ。

エンジンは日産版と同一。モーター駆動のアシスト機能が付くハイブリッドや、同ターボが選べるのはeKクロスのみだ。ワゴンはガソリンNA限定。CVTも新設計。

俯瞰映像で駐車確認もできる、K初のデジタルミラーがオプション化。雨の日、後席に人や荷物が載っているとき、夜間などに威力を発揮。移動物検知機能付きだ。

車線中央キープ、車間距離キープ、渋滞完全停止からの再スタート機能を持つ先進の運転支援装備となる「MI-PILOT」(マイパイロット)が、オプション化。自動ブレーキも装備。

後席は5対5の可倒式で、フラットにはならない。後席を最後端にした状態でも荷室長は充分にあり、2WDであれば床下収納も付く。

足元も広い後席まわり。eKクロスでは、オプションでブラック×タンのカジュアル感のあるコンビシートが選べる。床もフラットだ。

内装はeKワゴンがライトグレー、eKクロスがブルーの差し色が入る黒。インパネをデリカで採用した水平基調とし、視界性も確保した。

問:三菱自動車お客様相談センター 0120-324-860
https://www.mitsubishi-motors.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します