現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > すごいぞ、スイフトスポーツ!! 第15回 富士スピードウェイ2分7秒895!!

ここから本文です
カー用品 2019.4.20

すごいぞ、スイフトスポーツ!! 第15回 富士スピードウェイ2分7秒895!!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スイフトスポーツでは初の富士スピードウェイ・レーシングコースでアタックをしてみた。さすがにパワーで驚きのタイムをマーク!! これはビックサーキットでもスイフトスポーツは楽しめるゾ!!

スイフトスポーツで富士スピードウェイといえばショートコース。毎年冬に田中ミノル先輩主催のスイフトマイスター決定戦が行われ、スイフト乗りにはショートコースが聖地化しているからだ。

    クスコのレーシングハーネスがリニューアル。細部に渡る気遣いとは

スイフト同士が切磋琢磨した結果、ショートコースのタイムはそんじょそこらのランエボやWRX STIなら軽くパスできてしまうくらいのタイムになってしまった。ZC33Sで33秒台というと、ショートコースのタイム全体からみてもそーとー速いです。

ならば、誰も走ってなさそうなレーシングコースならどんだけ出るのかやってみたというのが今回である。

コースへ出て加速。1コーナーを3速で曲がり、
コカ・コーラコーナー手前で、あら5速に入っちゃった。。。
めんどくせーなーと思いつつコカ・コーラコーナーは4速に落としてクリア。
そんなハイスピードで5から4速にヒール&トーなんてしたくないってのが本音w
そのままトヨペット100Rは4速のアクセルOFFで曲がる。滑る。
なまじ加速するくせに重心はちょっと高いので、スイフトで簡単にドリフトできるやつです。
ヘアピンも4速のまま。ダンロップコーナー手前で再び5速に。
そしてフルブレーキから3速でダンロップコーナーをクリア。
その先の容赦なく回り込んだティルケ(*)の嫌がらせのようなコーナーを3速ホールドでクリアし続けると、ストレートに帰ってこれる。
そのストレートでは6速まで入り、約200km/hを記録した。

*ティルケ
ヘルマン・ティルケ サーキット設計者で富士スピードウェイのリニューアル時にコース設計を担当。ほかにもセパン、バーレーン、上海、ヤス・マリーナ、サーキット・オブ・ジ・アメリカズなどを設計し、ニュルブルクリンク(GPコース)、カタロニア、ポール・リカール、ホッケンハイムなどの改修にも携わる。回り込んだコーナーを多用する。

 そして、こちらが昨日行われた86/BRZワンメイクレースのクラブマン・エキスパートクラスの練習走行結果。ようするにアマチュアの速い方のクラスの練習走行結果だ。タイヤはβ02、RE-12D、A052、RS SPORT S-SPECの新品のみが使用可能。スーパーラジアルとか呼ばれるようなちょっとすごいタイヤたちだ。正直、REV号のDIREZZA ZIIIより数秒速いと思われる。しかも、こちらは、サーキットを10回以上走ってだいぶ減っている。それでも、練習走行の真ん中より下くらいにはいけるのだ!!

 だから、何だと言われると、それだけなんだが、タイヤが進化し続け、セッティングもみんなで追い求めているワンメイクレースのタイムはビックリするほど速い。それに太刀打ちできるというだけで嬉しいじゃないか。

今回見えた課題もあった。
 まず、速度が高く電子制御が入りまくる。BBRのVSCキャンセラーがあれば、加速時の制御をカットでき、それだけで1秒は上がると思われる。
タイヤもZIIIの新品にするだけで1秒はあるだろう。そして、寒い時期なら軽く2秒くらい上がってほしい。取らぬ狸の皮算用的にはすでに4秒アップしたw2分3秒台は見えてきた(ような気がする)。となれば、あとは運転手の技量で、夢の2分切りを叶えたい。
そんな夢があながち夢で終わらなさそうな結果だったのだ。

それでは、そんな加茂の車載をどうぞ。
車両:レブスイフト
ドライバー:レブスピード加茂


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan レブスピード編集部 加茂 新)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します