現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ダイハツの後付けできる踏み間違え防止機能「つくつく防止」がL375タント、L175ムーヴ、L275ミラに対応

ここから本文です
カー用品 2019.3.5

ダイハツの後付けできる踏み間違え防止機能「つくつく防止」がL375タント、L175ムーヴ、L275ミラに対応

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペダルの踏み間違えで起きる
急な発進を抑制する後付け安全装置
ダイハツ/後付け安全装置「つくつく防止」

駐車場での発進時、ブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えた経験はありませんか? コンビニやスーパーなどに突っ込むペダル踏み間違えによる衝突事故が急増している昨今、自動車メーカーは、独自に急発進を抑制する安全装置を新車に装着して販売しているが、現在乗っているクルマに付いていない場合は、運転者が自ら気をつけることしかできなかった。

    快適走行もレスポンスアップもお任せ C-HRチューニング|トヨタ・C-HR カスタム基礎講座

そんな安全装置が付いていない既販車を対象に、ペダルを踏み間違えた際に起きる急発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止」を展開するダイハツ工業が搭載対象車を拡大。これまで2代目タント(L375S系)としていた対象車に、新たに4代目ムーヴ(L175S/L185S)と7代目ミラ(L275S)の2車種を追加した。

「つくつく防止」は、ペダルの踏み間違え事故による衝突被害を軽減する目的で開発。現在乗っているクルマに対し、後付けでソナーセンサーやコントローラー、インジケーターなどを装着することで、誤操作による重大事故の減少への貢献するもの。すでに世の中で乗られているダイハツ車の約8割は衝突回避支援システム「スマートアシスト」非搭載車となるため、より多くの方に安全・安心に運転してもらいたいと、2018年12月に2代目タントを対象に開発された後付け安全装置なのだ。車体の前後に4箇所のソナーを付けることで、障害物を検知。アクセルを強く踏んでも燃料カットして急発進を抑制する仕組み。作動条件は(1)作動速度(約10km/h以下)、(2)作動対象(約3m先までの壁)、(3)アクセルペダル(強く速く踏み込んだ場合)となっている。

後付けのペダル踏み間違え時の加速抑制装置「つくつく防止」。ダイハツ車が搭載するスマアシIIIを搭載していないクルマに取り付ける。

4代目ムーヴ(L175S/L185S)

7代目ミラ(L275S)

【SPECIFICATION】
●名称:後付安全装置「つくつく防止」
●価格:3万4560円(税込・標準取付費込)
●対象車:
タント[L375S系](2007年12月~2013年9月)
ムーヴ[L175S系](2006年10月~2010年12月)
ミラ[L275S系](2006年12月~2013年2月)
※ミラバンには装着できません。またグレード・装備によっては装着できない場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

問:ダイハツ工業 0800-500-0182


[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します