現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > トヨタ 新型スープラのD1グランプリ参戦が早くも確定的?【WEB OPTION】

ここから本文です
カー用品 2019.2.4

トヨタ 新型スープラのD1グランプリ参戦が早くも確定的?【WEB OPTION】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オートサロンの会期中、1月11日(土)のHKSブースで開催されたトークショーには、HKSの水口社長、谷口信輝選手、斎藤太吾選手、さらには、なんと新型スープラの開発責任者であるトヨタ多田さんが登壇した。

当然、話題は新型スープラのチューニング話がメインとなった。
水口社長は「まずは全バラにしてみて、どうやってイジっていくか考えます」と発言。
すると多田CEは「パワーを追求するなら、2JZ-GTEを搭載してレース用のシーケンシャルミッションにしてしまうのがてっとり早いですよね。HKSさんにはぜひとも派手にイジってスープラを世界にアピールしていただきたいです」と、開発責任者とは思えないコメントが!
とはいえ、トヨタ86が誕生したときも、そして新型スープラ誕生にまつわる一連のインタビューなどを振り返っても、多田CEは「スポーツカーの盛り上がりはアフターパーツメーカーの力があってこそであり、カスタマイズシーンが盛んになってこそ」だと公言してくれている。

    スズキ スイフトスポーツにさらなる速さを『三菱ハイフロータービン』でゲット!【WEB OPTION】

そんなこともあり、新型スープラのチューニング&カスタマイズパーツ市場の盛り上げのために、すでにその図面やパーツ開発の方向性に関する議論が両者の間で行われていても不思議ではない。
また、86についてはHKS+神戸トヨペット+谷口信輝のタッグでいち早くD1グランプリに投入されているという歴史がある。

ということで、さっそくウェブオプション取材班は、関係筋への情報収集を開始。そして、ひとつの結論に達した。
『HKSは、新型スープラをドリフトの最前線に送り出そうとしている。』
ドライバーは、トークショーに出演した谷口信輝選手、斎藤太吾選手のツートップ。つまり2台体制だ。

取材中、かなり核心に迫る内容も聞かれたが、HKS側が沈黙を守っているので現段階では触れないようにしておくが、近いうちにHKSに突撃取材したいと思う!

また、今週末(2月9日)から開催される大阪オートメッセのHKSブースではどんな発表があるのか、楽しみだ!

■OPTION WEBのスープラ関連記事もご参照ください!■

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan WEB OPTION編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • non*****|2019/02/05 09:49

    違反報告

    だったら最初から「2JZ」エンジンを積んで発売してよ!って話でしょ・・・
  • nan*****|2019/02/05 12:43

    違反報告

    多田CEは「パワーを追求するなら、2JZ-GTEを搭載してレース用のシーケンシャルミッションにしてしまうのがてっとり早いですよね」
       ↑
    本当は2JZ積みたかったんちゃうの多田さん。
  • ini*****|2019/02/05 17:20

    違反報告

    結局のところ、ドリフトしやすい車に変更するんだから「スープラ」である必要性が無い

    他の車も「足を変え」「タイヤを変え」「エンジンいじって」競技に出る…

    ノーマルでやってみたらどうですか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します