現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > BMWの新型エンジン世界初披露! ホットロッド カスタムショー2018

ここから本文です
カー用品 2018.12.17

BMWの新型エンジン世界初披露! ホットロッド カスタムショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のカスタムファンらからはもちろん、海外からも注目を集める国内最大級のカスタムショーが、毎年12月はじめの日曜日にパシフィコ横浜でおこなわれている「YOKOHAMA HOTROD CUTSOM SHOW(ヨコハマ ホットロッド カスタムショー)」です。27回目を迎えた今年は12月2日(日)に開催され、出展車数はクルマ300台、バイク650台。1万8000人もの来場者があり、海外からも1700人が訪れました。REPORT&PHOTO●青木タカオ(AOKI TAKAO) PHOTO●BMW Motorrad

 熱烈なファンが存在する一方で、“ホットロッド”ですとか“カスタム”と聞くと、苦手に感じる人もいるかと思いますが、今回まず紹介するのは、近い将来に登場するニューモデルに関するビッグニュースなので、もう少しだけおつき合いください。

    ♯4 ヨコハマホットロッドカスタムショー 。国産カスタムバイクを一気見せ! ヤマハSRがダントツで目立ってた!?

 まず、栄えある「Best of Show Motorcycle」に選ばれたのは、Custom Works Zon(カスタムワークス ゾン=滋賀県)のカスタムバイクでした。ビルダーの吉澤雄一さん&植田良和さんは、高校生時代の同級生コンビ。アワードの常連で、日本屈指のカスタムビルダーとして海外にも広く知れ渡っています。

 今回の「R18 DEPARTED」も、じつに斬新。相変わらずすべてハンドメイドで、外装はアルミの板から叩き出し、精巧なトラスフレームは鉄のパイプから、フロント21/リヤ26インチのホイールはアルミの塊から削り出されたものです。フロントフォークやスイングアームは、鉄の無垢材から製作していて、どれほどの手間と時間がかかったことか……。間近で見ていると、その造形美はもはやアートの域に達していると感じずにはいられません。

謎のボクサーツインは、今後デビューのBMW最新エンジン!!

 注目は水平対向2気筒エンジンです。BMWのR nineT用にしてはシリンダーヘッドが大き過ぎる気がします。一体これは何のパワーユニットなのでしょう。植田さんにうかがってみました。
「BMWが新開発した新型エンジンらしいのですが、排気量を含め詳しくは何も知りません。カスタムのオーダーを受けて、今回ここに発表したのです」

 なんと、まったく新しいBMWの次世代ボクサーツインエンジンとのこと。言うまでもなくBMWといえば、ドイツの超大手自動車&モーターサイクルメーカー。近い将来発売されるニューモデルの心臓部を、日本のビルダーに託し、日本のカスタムショーで初披露なんて信じられません。

 BMW Motorrad JAPANの広報担当者がいたので確かめると、「その通りです」とのこと。さらに「今はまだ何も言えませんが、このエンジンを積みどんなモデルが登場するのか、いろいろと想像していただき楽しみにして欲しいと思います」と、言います。BMWのこの“仕掛け”、前代未聞です。

 植田さんはさらに教えてくれました。
「プッシュロッドカバーもありますが、OHVかどうかさえもわかりません。吸気系はECUやインジェクションがなかったので、とりあえずキャブレターを装着して走行できるようにしてあります」

 アワードを受賞して吉澤さんも安堵の様子です。
「こんな機会をBMWにいただいたからには、ショーをとって世界にアピールしなければって責任を感じていましたから、Best of Show Motorcycleをもらってまずはホッとしています」
 国内外のメディア関係者から、ふたりは質問攻めでした。

欧州勢の縦置きエンジン搭載カスタムが強い存在感!!

 ショー会場を歩いていると、縦置きエンジンの存在感が目立ちます。Best Motorcycle Europeanを受賞したのは、Wedge Motorcycle(ウェッジモーターサイクル)のBMW R100RS(1987年)でした。

 ユーロ・モーターサイクルでのカスタムといえば、八ヶ岳南麓のファクトリーで製作活動を行う46 Works(ヨンロク・ワークス)。今回はR100RS(1991年)でReturn of Cafe Racer's Pickを受賞。MotoGuzzi Lemans1000 Custom(1978年)も展示し、ファンらから熱視線を集めていました。

 平和モーターサイクル(広島県広島市)はBMW R75(1976年)と、BMW Motorradからのオーダーによって製作されたR nineT Scrambler001を披露。ヨーロッパの主要カスタムショーで称賛されての凱旋帰国です。



 ゲストのバイクにも縦置き水平対向2気筒エンジンが積まれていました。ローランド・サンズが手がけた1934 BMW McKenna 9T Concept 7です。BMW R7は1934~35年にBMWが製作したプロトモデルで“幻の試作車”とも呼ばれ、ドイツ・ミュンヘンにあるBMWミュージアムに展示されていますが、エンジンを現代のR nineT にして再現。その流麗な車体は、見とれずにはいられません。




 最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。ヨコハマ ホットロッド カスタムショー2018で見た縦置きエンジン搭載モデルたちは、いかがでしたか。見るからに軽快で、スタイリッシュです。今回はカスタム最前線で見たトレンドの1シーンをお届けしました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 青木タカオ)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します