現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > マツダ・ロードスターNR-Aでテスト。ヘルメットとロールバーの干渉を、シート選びとポジション調整で解決する

ここから本文です
カー用品 2018.12.10

マツダ・ロードスターNR-Aでテスト。ヘルメットとロールバーの干渉を、シート選びとポジション調整で解決する

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ走行のベース車としてND ロードスターNR-A はかなりオススメだが、ロールバーを装着するとNC に比べてかなりタイトな車内空間となってしまう。ヘルメット装着状態では、純正シートではロールバーと干渉してしまうことも。また、長身のドライバーなら頭上はロールバーを越えてしまう問題が発生する。その対策方法をブリッドのシートでのポジション調整で探ってみる。

着座位置が高い純正シートでは、ヘルメットが ロールバーより60mm もオーバーしてしまった。これでは危険。サーキッ トを走ることはできない。

    すごいぞ、新型スイフトスポーツ!! 第9回富士ショートで33秒って異次元のタイム!?

<TEST1>
まずは、ブリッドの数あるラインアップの中でも「RACING」のひとつ手前のスパルタンモデルとなる「ZIGE III Type-R」を装着して、ヘルメットとロールバーの間隔を測定した。

次の<TEST2>で紹介する「VIOS III」よりもローポジションで、バックレストが寝た形状だ。ニーサポートも大型で、乗降性よりもホールドを優先したもの。これを装着すると一発で座高問題はクリアした。さらに、クッションの細かいチューニングでよりしっくりポジションを決めることも可能だった。

ロールバー高とヘルメットとの間隔

座面クッションあり -10mm
座面クッションなし -20mm

座面のクッションがあるなしで、ヘルメット高に-10mm の変化
が。ちなみに着座写真はすべてクッションを外した状態だ


<TEST2>
次はVIOS IIIを装着してテスト。ブリッドのLOW MAX 技術でこちらもローポジションだが、ZIEG より着座位置が高くシートバックも立ち気味。ニーサポートも低めで、前方にスライドしてもトランスミッションのコンソールにも干渉しないため、ZIEG より万人向けで日常性がある印象だ。

シートレールとの取り付けは前後いちばん下で低くなる位置だが、VIOS にはシート前方に上下ふたつの穴から選択できる。その上側を選び、写真では立ち気味のポジションとなっている。これだとヘルメットがロールバーを越してしまった。


ロールバー高とヘルメットとの間隔

座面クッションあり  +15mm
座面クッションなし +5mm


<TEST3>
今度はVIOS IIIの前方の取り付け穴(写真上/ 20mm 間隔)の下方を選び、シートを寝かせた状態を試す。これでヘルメットの間隔に余裕が生まれるハズ。

だが、シートバックを寝かせるとND だとシートが後方にスライドできず、着座位置が高い状態に。ND はシートが前方だと着座位置が高くなるレール構造の罠があった。






シートの傾きを比較。寝かせるとロールバーに干渉して後方にスライドできない。NDのシートレールの構造は、前方にスライドするときつい傾斜で着座位置が高くなる。そもそもシートが前過ぎて窮屈。


ロールバー高とヘルメットとの距離

座面クッションあり  +13mm
座面クッションなし ±0mm


<TEST4>
最後はVIOS IIIのシート前方の穴が上で、シートレール前方の穴は一番上を選択してみた。これで、本来の前後スライド位置(一番後方から1 ノッチ戻し)でしっくりときた。ロールバーよりもヘルメットが下方に収まった。シートの形状だけでなく、レール構造やポジション調整の手法などタメになる実験だった。


ロールバー高とヘルメットとの距離

座面クッションあり  +7mm座面クッションなし -3mm
座面クッションなし -3mm


■取材協力 ブリッド TEL052-689-2611  https://bride-jp.com/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan レブスピード編集部)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します