現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 普遍のカタチを磨き続けるシンプルイズベストの美学|WORK Lanvec LS1|トヨタC-HR

ここから本文です
カー用品 2018.12.7

普遍のカタチを磨き続けるシンプルイズベストの美学|WORK Lanvec LS1|トヨタC-HR

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普遍のカタチを磨き続けるシンプルイズベストの美学

WORK Lanvec LS1

    新型スズキ・ジムニーJB64、ジムニーシエラJB74のカスタムパーツ続々のサムライプロデュース! 今度はインテリアの貼り付けパーツがデビュー

リムとディスクを組み合わせる2ピースホイール。最大の魅力はモノブロックには無いメカニカルでディープなフォルム。ワークは、この2ピースを得意とする日本を代表するメーカーだ。

数あるワークの2ピースブランドの中で“シンプル”なデザインを軸にしたブランド『ランベック』。メッシュ、フィン、ディッシュと言ったホイールにおける鉄板デザインを揃えている。この『LS1』はスポークを担当。それも、最適なバランスを持つ5本のスポークレイアウトだ。

スポークというオーセンティックなカタチは、一番と言っても過言で無いほど多い。理由は、コーディネートしやすいシンプルさ。たが、スポークというだけではカスタムシーンで個性を発揮することはできない。LS1はスポークにリブを設けシャープに造形する他、オーナメントは機械的なギミックを印象付けるなど今風のアレンジを採用。また、ミリ単位のオーダーインセットや、リムカラーの変更などのカスタムオーダープランに対応するワーク2ピースが培ってきたカスタム要素を、ふんだんに取り入れることで、他には無い5スポークに仕上げた。

付加価値の数々で普遍的なカタチをいっそうブラッシュアップするランベックの手法。合わせやすさと、奥深さを一気に味わえるのが魅力。だから、シンプルスタイルはやめられない。

リブを設けることで多角的でエッジーに仕上げた5スポーク。十八番である2ピース構造の利点を活かし、深くとったリムやピアスボルトがメカニカルな印象を強く放つ。中央のオーナメントもまた機械的なイメージを盛り上げる。

WORKが誇る2ピースリムこそ武器

細いラインが外周に与えられリムこそワーク2ピースの大きな武器。自在インセットの恩恵と組み合わせれば、デモカーのようにツライチをパキッとキメることができる。また、19インチ以上には、さらにディープに見えるステップリムも設定される。

COLOR:ブラックカットクリア、トランスグレーポリッシュ
CONSTRUCTION: 鋳造2ピース
※カスタムオーダープラン対応

##DEMO CAR BEYOND URBAN

WHEEL SIZE 20×9.0J+30
TIRE SIZE 245/35[NITTO]
WHEEL COLOR TRANS GRAY POLISH

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します