現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > カスタムビルダーが新型SR400を斬る!【気になる外装フィッティングも検証】

ここから本文です
カー用品 2018.11.24

カスタムビルダーが新型SR400を斬る!【気になる外装フィッティングも検証】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のプチインプレ記事で宣言したとおり、新型SR400を神奈川県海老名市にあるカスタムショップ・キャンディーモーターサイクルラボラトリーにドックイン! 見た目だけでなく、フューエルタンクやシートなどはどう変わったのかをチェックし、カスタムパーツの流用性を探ってみた。PHOTO●渡辺昌彦(WATANABE Masahiko)REPORT●佐賀山敏行・一間堂(SAGAYAMA Toshiyuki)取材協力●キャンディーモーターサイクルラボラトリー(https://www.candy-mclabo.com/)

タンクは変わらず! やっぱりシートは流用不可!!

    【ヤマハXT1200ZE スーパーテネレ】2019年モデルの取り扱い決定/プレストコーポレーション

 SRの魅力はさまざまあるが、そのひとつに「カスタム」がある。オーソドックスなシングルクレードルフレームに美しい空冷単気筒エンジンは、カフェレーサーやトラッカー、クラシックスタイルなど、ジャンルを問わずあらゆるスタイルに変化させられる。実際にマフラーやハンドルだけでなく、シートやフューエルタンクといった、車体シルエットをガラリと変えるパーツが数多くリリースされているのもSRの特徴だ。

 そしてモデルチェンジを繰り返しても、型式を超えてパーツ同士が高い流用性を維持しているのも、カスタムファンに支持される大きな理由。フューエルタンクやシート、ハンドルにメーターなど、ほとんどのパーツは1型~3型、つまり1978年~2008年まで流用することができるのだ。しかし、そんな状況が変わったのがフューエルインジェクションを採用した4型(2010~2016年)。タンクは底部の形状が大きく変わり、シートも取付け部を変更。サイドカバーもこれまでより膨らんだ形状となった。シルエットこそ3型までと同じながらも、じつは大きく変わってしまったのが4型なのである。

 ただし、そうはいってもシートはボトム形状に変更はなく、パーツメーカーがリリースしている変換ステーを使えば3型以前のシートは取り付けられた。サイドカバーはもともと交換するのではなく、外してスカチューンにするのが定番。しかし4型はフューエルポンプがあるのでスカチューンには不向き。カスタムする際はサイドカバーはそのまま(もしくはペイント)が定石である。フューエルタンクだけはどうしようもないが、近年はSRらしさを維持する「70年代ルック」が流行していることもあり、4型でも十分にカスタムを楽しめる素地は残っていたのだ。

 さて、問題は5型(現行)である。パーツの流用はどこまで効くのだろうか? 早速、キャンディーモーターサイクルラボラトリーの中村さんに作業を開始してもらった。取り外したのは、フューエルタンクとサイドカバー、そしてシートである。


 最大の懸念ポイントはシート。メーカー公式サイトには「ECUは、設定変更にとどまらず、実際のサイズも大きくなってしまい、これまでのサイドカバー内に収まり切らず、シート下に動かさざるを得なかったため、シートボトムを新作して対応しました」とある。どくれくらい変わったのか、僕の愛車(2014年式・4型)を持ってきていたので、比べてみると……違いは一目瞭然。

 大きなECUを収めるため、5型のボトムは大きくえぐれている。ただし、マウント方法は同じだ。つまり、5型のシートは4型の車体に装着できる。しかし4型のシートは5型の車体に装着できないということ。


 フューエルタンクの裏側をチェック。4型との違いは確認できず、そのまま流用できそうだった。ただし、もともと4型に適合したカスタムタンクは少ないので、タンクを変えたいというユーザーには厳しい状況であることに変わりはない……。

 やはり事前の予想通り、大きく変わっているのはシートのみ。4型では専用シートはもちろん、変換ステーを使えば3型以前のシートも装着できたのが、5型ではできなくなっているのは残念だ。ただ、5型シートは4型にも装着できるので、パーツメーカーさんには是非、積極的に5型(兼4型)専用シートを開発してほしい!


中村さんインプレッション!「乗りやすさとSRらしさのせめぎあい」

 せっかくなので、これまで年式、ノーマル・カスタムを問わず、数多くのSR400/500に乗った中村さんに5型に試乗してもらい、印象を聞いてみた。

「すごくマイルドで速いですね! 低回転からスピードがどんどん乗っていく感覚は、これがノーマルとは思えないほど。だけど、いわゆる『SRらしさ』というものを考えた場合、旧型のほうがよりSRらしかったかな、という思いはあります」

 中村さんが言う「SRらしさ」とは振動や荒々しさのこと。それらが新型はかなり低減され、「マイルドで速い」という感想につながったのだという。

「2型や3型のキャブレターモデルから4型でF.I.になって、さらに今回の5型と、どんどん乗りやすくなっているなとは思いますが、その反面、空冷シングルならではのクセがなくなっているような……まあ、そんなことを言うのは、僕を含めてほんのひと握りの意見ですよね(苦笑)。
 乗りやすさと荒々しさのバランスを考えた場合、このモデルはこれまでよりも乗りやすさに比重を置いている。だけど、それでも十分シングルらしさは残っていますよね。これなら長距離を走るのも苦にならないと思いますよ」


 これまで数多くのSRを見てきたからこそ、一抹の寂しさを感じるものの、それでもSRはSRだと評価する中村さん。続いて、ディテールの変化についても意見を聞いてみた。

「シートは4型以降の硬さがキープされていて良いですね。3型以前は柔らかすぎて、すぐお尻が痛くなっちゃいますからね……。前後ハブが黒くなっているのも高ポイント! 今まで何台のSRのハブを塗ってきたか数え切れないくらいでしたから(笑)、嬉しいユーザーは多いんじゃないでしょうか」

 他にも外装と同色のライトケースや今風のウインカーなど、見た目に関してはかなり高評価。いちSRファンとして、そんな5型をベースにしたキャンディーのカスタムマシンもぜひ見てみたい!


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します