現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > トヨタ・30系アルファードを人気のフラップエアロで飾る! アヴァンツァーレの新作キットでスポーティに

ここから本文です
カー用品 2018.11.30

トヨタ・30系アルファードを人気のフラップエアロで飾る! アヴァンツァーレの新作キットでスポーティに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェルファイアに続き待望の30系アルファード用が完成
3分割フラップでモアスポーティに!


AVANZARE ADESSO/ALPHARD

    ボディサイドに個性をプラスする|200系トヨタ・ハイエース|FEGGARI

アヴァンツァーレ アデッソ/アルファード(30系後期)

ここ最近のトレンドとして、各メーカーが独自性を打ち出しながら新作をリリースしているフラップスポイラー。そんなフラップエアロに新しい風を注ぎ込んだのが、アヴァンツァーレのアデッソ。

先行して発売された30系後期ヴェルファイアでも採用した、3分割式のフラップを採用。しかも今回は、バンパー両サイドのフラップとの取り付け面にエアポケットができるように設計。デザイン性はもちろんのこと、空気抵抗を減らす空力的役割も少なからず担っている。また3分割構造にすることで、万が一エアロキットが破損した場合でも、一部分だけを購入することができるので、補修費用を抑えられるというメリットもある。フロント同様、リアも同じ3分割構成となるが、こちらはマフラーの有無によって選択するサイドスポイラーの形状が異なり、リアビュー全体の印象が大きく変わってくる。フラップエアロでも、ここまで変化が得られるのはアデッソならでは。

30後期ヴェルファイアで初めて採用された3分割リップ。アルファード用はエアポケットを新たに設けるひと工夫をプラスしさらに進化させた。厚みはサイド部が22mm、中央が約35mm。

中央のディフューザーパネル、両サイドのスポイラー、3分割構造となるリア。サイドスポイラーはマフラーの有無によってデザインも変更される。それぞれ立体的な造型でリアビュー全体をアグレッシブに彩る。

サイドステップは前期と共通。純正サイドパネル底面へ設置するフラップタイプで、中央付近に段差を設けメリハリ感を与える。

フェイスまわりのアイキャッチ役として効果的なボンネットスポイラー。フラットな純正ボンネットに躍動感をプラスしてくれる。

リアガーニッシュ上部へ設置するゲートスポイラー。デモカーはガンメタで塗装。メッキとのコントラストを明確にして存在感を主張。

マフラー出口は新モデルとなるオーバルデュアルデザイン。それぞれのテールエンドをオフセットさせた。

オリジナルのブレーキキットは前後ともに8ポットキャリパー、380φローター。アルファード&ヴェルファイアのブレーキカスタムでネックになる、電動パーキングブレーキにも対応済み。鮮やかなゴールドカラーが、ホイールの隙間から絶大な存在感を放つ。●価格:フロント=35万円、リア=43万円
SPECIFICATION

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します