現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 4×4カスタムをトヨタ200系ハイエースにも!! 名門の本気の足で快適アゲスタイルを満喫|ジャオス

ここから本文です
カー用品 2018.10.31

4×4カスタムをトヨタ200系ハイエースにも!! 名門の本気の足で快適アゲスタイルを満喫|ジャオス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイエースだから出来る生活。アゲ系でワイルドに行こう!!

JAOS[ジャオス]

    【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.2「奥様は運転好き」


ヨンクをカジるオーナーで、その名を知らぬは絶対モグリと断言したいブランド、ジャオスは、ハイエースにも積極的にパーツを展開しているホットなブランド。

大鉄板のスキッドバーを筆頭に数多くラインアップしており、ダミービスで話題を集めるフェンダーなど、派手にイジらずとも様になるパーツが揃う。


そんなジャオスの最新ニュースは、間もなく発売されるリフトアップサスと斜め出しマフラーだ。
なかでも注目は、乗り心地とスタビリティ向上を主目的としたサス。まず発売するワイド4WD用は、数あるハイエースの中でも、荷物や人を乗せ、郊外に繰り出すなど、アクティブに使われるケースが多いベースカー。コーナリングの踏ん張りや路面からの緩衝促進といった、操縦安定性や快適性を第一とした味付けとなっており、シーンにあわて乗り味の調整も行えるスグレモノだ。リフト量こそ1インチと僅かながら、違いは乗ればテキメン。日々の生活に密着した足として、ロングドライブも苦にならなくなるはず!

バトルズ・リフトアップセット

実用的な1インチアップを実現。まずはVANワイド4WD用から

キットは前後のダンパーとリーフスプリングの6点パッケージ。正式なダンパーカラーはガンメタとなる。


リーフは純正と枚数自体は同じだが、反り具合を強めてあり、その反発力でリフトアップされる仕組みとなっている。


ダンパーには、状況に応じて減衰力を可変させ挙動を安定させる、KYBのハーモフレックと呼ぶ新機構付き。近年のジャオス製サスに搭載され評価されている、話題の技術だ。


シンプルなダイヤルをクリックするだけで、減衰力を任意で調整できる。調整幅は前後ともに16段刻み。

PRICE:近日発売予定セット内容:前後ダンパー+リアリーフスプリング対応:VANワイド4WDバトルズ・マフラーZS-S

見た目だけじゃない! 機能派エキゾースト

新作のオーバルテールマフラーは、ハイラックス用でも好評を得ているという、ビジュアルアピール力が強い斜め出しだ。もちろん認証獲得済み。


中間パイプとリアの2ピースで販売されるマフラーは、2.7Lのガソリン、4WD、ワイド・ロングボディ用のみ。


標準ボディのディーゼル4WDも開発検討中。

PRICE:9万8000円セット内容:中間パイプ+リアピース対応:VANワイド4WD(4型後期2.7Lガソリン車)アゲ系スタイルを高めるジャオス印!!

フロントスキッドバー 5万8000円


バーと中央にあるプレートの2ピースとなるフロントスキッドバーは、組み合わせる色の違いで4通りから選べる。

LEDフォグランプ26C 4万円


オフ感を盛り上げる人気のフォグは、純正と同時点灯しない機能派。安定した性能を維持できるヒートシンク式だ。

オーバーフェンダータイプX 6万8000円


スパルタンな印象を与えるオバフェンは、ダミービス付き。ブラックビスのオプションもあり。拡幅量は片側9mm。

マッドガードIII(F/R各) 1万5000円


スキッドバーと並ぶ定番商品マッドガードは、ハイエース専用設計。クルマ1台分装着するには2セット必要だ。

リアスキッドバー 5万8000円


スキッドバーにはリア用もあり。ブラックは飛び石に強い粉体塗装だ。新作の斜め出しマフラーとの併用もOK。

アゲ系を楽しむときに欠かせないのが足元を飾るホイール。ヴィクトロンアステラCM-04はヨンクらしさだけでなく、どこか気品も感じさせるデザインで話題の1本。


装着サイズは17×6.5J+38(215/60)。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します