現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > SUBARU XVを日常でワクワクできるオフロードスタイルへ

ここから本文です
カー用品 2018.10.10

SUBARU XVを日常でワクワクできるオフロードスタイルへ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きな場所へ自由に、オシャレに」。クロスオーバーSUVの新しい楽しみ方

本格的なキャンピングカーはいらないけれど、たまには家族や仲間を乗せて、キャンプやアウトドアも楽しみたい。兵庫県神戸市に店舗を構える「ダブルフット事業部」が提案したのは、先代のSUBARU XVをベースにしたスマートなアゲスタイル『FOOT × FOOT』。”のんびりキャンプに出掛けようぜっ!”をコンセプトに、大自然の中でも存在感のあるワクワクする車をつくり上げていきたい、というのがテーマ。そんな遊びを実現するためのちょいアゲ&クールスタイリングが特徴だ。オリジナルのコイルスペーサーで25mmの車高アップを実現しつつ、ビス留め風フェンダーにラバーディップでオールペン。ご覧のようにスタイリッシュでアクティブな印象を作り出している。街でもキャンプ場でも目を惹く、オシャレ系リフトアップなのだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ルーフには「ヤキマ」のルーフキャリアを装着。街乗りも楽しみつつ、週末にはアウトドアでも活躍できるだけの積載量を確保する。

リアに設置した「カート」のヒッチメンバーの先には、収納力バツグンなカーゴをマウント。オシャレだけど実用性も優秀、これもコンセプトのひとつ。

ホイールは「メソッドレース」の15インチ。リフトアップはコイルスペーサーを挟み込む方式で、最低地上高にゆとりを持たせた。悪路も難なくこなす実力派。タイヤは「BFグッドリッチ」のマッドテレーン。ゴツゴツしたブロックタイヤで、タフさを演出する。

貼り付け式のオリジナルオーバーフェンダーは、チタンルックのボルトヘッドを埋め込んだスパルタン仕上げ。デモカーはチッピング塗装で装着。

なお、ダブルフットではコンプリートカー製作も実施。中古のXV(走行2万km程度)ならば、価格もこなれてきているため、カスタム費を含めても250万円くらいで製作できるとか。ボディカラーも好みに合わせて遊べる。

●オーバーフェンダー ¥105,840●コイルスペーサー(予価) ¥43,200●ホイール:メソッドレース(FR15×7)●タイヤ:BFグッドリッチ(FR215/75)●その他:ヤキマ・ルーフキャリア、 カート・ヒッチメンバー、ラバーディップ塗装

carエステ極み・ダブルフット事業部

トップページ

http://footxfoot.com/embed#

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『WAGONIST編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します